キックボクシング

【4/8大会】ONE On TNT I リードカードを見るべき5つの理由

2021年4月6日

ONEチャンピオンシップの2021年最大の大会が数日後に迫っている。

日本時間では4月8日(木)に配信される「ONE on TNT I」は世界クラスのタレント揃いで、北米のテレビでゴールデンタイムに生中継される。

すでにファンたちは、歴史的なメインカードを楽しみにしているかも知れないが、リードカードもそれに負けず爆発的なアスリート揃いで、イベント全体の雰囲気を盛り上げてくれることだろう。

この記事ではそんな「ONE on TNT I」のリードカードを見るべき理由5つを紹介する。

#1 ウェルター級注目の戦い

リードカードの目玉となるのは、ともに世界タイトルへの挑戦を目指すウェルター級アスリート同士の対決。

タイラー・マグワイア(米国)とダゲスタンのフィニッシャー、レイモンド・マゴメダリエフ(ロシア)は、両者とも総合力の高い格闘家で、強力なグラップリングと、ヘビーパンチの持ち主だ。2人合わせて19勝2敗という驚異的なプロ戦績を有しており、敗北の味をほとんど知らない。

マグワイアとマゴメダリエフは、ONEウェルター級世界チャンピオンのキャムラン・アバゾフ(キルギス)を脅かす存在として浮上しており、この日に白星を挙げられれば、王座への挑戦権を獲得できるかも知れない。

#2 セルビアのKOマシーン、上昇狙う

Rade Opacic punches Bruno Susano

ラーデ・オパチッチ(セルビア)は、ONEスーパーシリーズで最も急速に成長しているスターの1人。

23歳のオパチッチはこれまでにONEで2戦して強敵な活躍をしており、ベテランのエロール・ジマーマン(オランダ)を見事なスピニングヒールキックでノックアウト、そしてブルーノ・スサナ(ポルトガル)にもTKO勝ちを決めている。

もしオパチッチがこのまま上昇気流に乗り、3連続フィニッシュ勝利を達成すれば、初代ONEヘビー級キックボクシング世界王座に挑戦する可能性は十分にある



#3 話題のオマール・ケインが登場

オマール・ケイン(セネガル)は、インターネット上で大いに話題になった選手だ。 

ケインは、レスリングの技術を見事に総合格闘技に融合させ、難なく相手を地面に放り投げ、圧倒的なグラウンド・アンド・パウンドで粉砕する。

ONEデビュー戦では、ムエタイとキックボクシングの世界ヘビー級チャンピオンに4度輝いたアライン・ンガラニ(香港)を相手に第1ラウンドでTKO勝利。今回はイランのレスリングのスターのメフディー・バルギにも同じような勝ち方をしたいと意気込んでいる。

もしケインが再び見事なフィニッシュを決めることができれば、ヘビー級総合格闘技の注目すべきコンテンダーとしての地位を確立できることだろう。

#4 雪辱目指すヘビー級イラン勢

MMA fighters Mehdi Barghi and Kang Ji Won meet at ONE: UNBREAKABLE III on 5 February 2021

ONEのイラン人ヘビー級選手たちは、2021年に厳しいスタートを切った。

「AAAチーム」に所属するバルギと、チームメイトであるアミル・アリアックバリは、今年の初めにそれぞれカン・ジウォン(韓国)と対決し、両者とも序盤は優勢だった。だが最終的にはカンに粘られ、2度連続で逆転ノックアウトを決められている。

イラン勢、特に「AAAチーム」はこれらの最近のパフォーマンスに満足していない。そのため、バルギは特別なモチベーションを持ってONEのケージ「サークル」に入り、人気が高まるケインと対峙することだろう。

#5 「ONE On TNT」を盛り上げる!

この番組は、今月毎週水曜日の夜(日本では木曜日の朝)、アメリカのゴールデンタイムに放送される4部構成のイベントシリーズ「ONE On TNT」の第1弾にあたる。

これら3つのリードカードが全ての始まりとなるため、スリリングな時間の始まりをお楽しみに!

Read more: 【4/8大会】ONE On TNT I メインカードを見るべき5つの理由

もっと見る

Stay in the know

Take ONE Championship wherever you go! Sign up now to gain access to latest news, unlock special offers and get first access to the best seats to our live events.