【2/28大会】ウォーゼン、タイトル戦まで「もう1試合必要」

Troy Worthen defeats Mark Fairtex Abelardo of ONE KING OF THE JUNGLE

トロイ・ウォーゼン(米国)はビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)との対決を視野に入れているが、フェルナンデスの持つONEバンタム級世界王者のベルトに挑むには、少なくともあと1度は勝利を挙げる必要があると考えている。

2月28日(金)の「ONE:KING OF THE JUNGLE」で、ウォーゼンはマーク・フェアテックス・アベラルド(ニュージーランド/フィリピン)と対戦。第2の故郷シンガポールでの大会で素晴らしい勝利を挙げ、無敗記録をさらに伸ばした。

シンガポールのメガジム「Evlove MMA」に所属するウォーゼンは、力強い打撃やトレードマークのレスリングによる攻撃を駆使し、3ラウンドに渡って優勢に試合を進め、ユナニマス判定で勝利。今回はさらに新しい要素や改良したスキルも披露した。

これでONEチャンピオンシップで3連勝としたウォーゼンが、アベラルドの試合や過去を振り返り、世界戦のチャンスをにらんだ次の試合について語る。

ONEチャンピオンシップ:今回のパフォーマンスでは何が一番良かったか?

トロイ・ウォーゼン:打撃を見せられたのは本当に良かった。他の試合では、自分が取り組んできた打撃を披露する機会があまり多くなかったから。

単にテイクダウンに行くだけでなく、かなりプレッシャーをかけて、打撃を試してみるつもりだった。だからムエタイ最大のジムの1つでトレーニングしている、ムエタイ選手と打撃で戦えるんだというところを見せられて、本当に満足している。



ONE:試合を終えて、アベラルドをどう思うか?

ウォーゼン:打たれ強い選手だった。思い切り強くキックを打って、何回かはアゴを捉えたんだが、立ち上がってやり過ごされた。

奴は恐ろしくタフだ。立ち技で彼をフィニッシュできる選手はそう多くないだろう。重いショットを何度も受けたのに、ただ続けるんだから。試合の前に話したように、アベラルドは真のファイターだ。いつだって勝利のために前に出続けている。とても感銘を受けた。

ONE:私たちが見慣れているようなフィニッシュではなかったが、今回は今までて一番タフな試合だったのか?

ウォーゼン:試合時間が長かったから「そうだ」とは言える。いつも通りフィニッシュをしたいと願っていたが、そうならない時もある。

でももし別の展開になっていたら、フィニッシュできたのではないかと感じている。2019年7月に対戦したチェン・ルイ(中国)は、ショットはもっと強烈だったが、15分間は持たなかった。だからアベラルドは、これまでで一番タフな相手だったと言える。

Troy Worthen kicks Mark Fairtex Abelardo atONE KING OF THE JUNGLE

ONE:序盤で左のハイキックを決めた。これはゲームプランの一部だったのか?

ウォーゼン:ハイキックを出そうとは思っていた。プロになってからの試合ではほとんど毎試合、ハイキックを決めてきたんだが、気づいていない人もいるみたいだ。誰が相手でもキックの後、グラウンドパンチに行っている。

ほとんどの選手はテイクダウンのディフェンスにかなりの時間を費やしている。重心を低くして、手を使いやすいように少し下げた位置にするんだ。今回、自分はフェイントを使ったりして相手の手を下げることで、ハイキックを決めることができた。

1回目は決まったが、足を掴んで倒されたと思う。あれはミスだった。いつもは決まり始めたら、どんどん自信がつき、うまくいかなくなる時まで、選択肢の1つとして使う。でも今回はそうならなかったからずっと使い続けた。

ONE:打撃には満足しているか?

ウォーゼン:自分が取り組んでいる改善点を示すことができて、とてもうれしい。

毎日もっとうまくなれるよう、ほとんどの時間を打撃に費やしている。コーチにもたくさんのトレーニングを課されてきた。自分のやってきたことは間違っていなかったと、試合でみんなに見せられてうれしい。

ジムでどんなに素晴らしい練習に取り組んでも、試合でそのテクニックを実行できない人がほとんどだ。だから全てが実を結んで、試合で出し切ることができてよかった。これからも、もっと一生懸命取り組みたいと思っている。

Troy Worthen kicks Mark Fairtex Abelardo atONE KING OF THE JUNGLE in Singapore

ONE:優勢に試合を進めたが、何度かアベラルドに捉えらえることもあった。彼のパワーはどう感じたか?

ウォーゼン:彼のような打撃の打ち方だとショットは重くなるが、「今まで経験したことがない」というようなものではない。パンチが来るのが見えれば、少し反応し、少し調整すれば済む。ダメージになるのは、パワフルであるかどうかは関係なく、来るのが見えないパンチだ。そういう意味では、ほとんどのパンチは見えていた。

ケージを背にクリンチになる時は何度かショットを食らうことになる。だが体はくっついているが、何が来るか全てを見るようにすればいいだけだ。もし相手が打撃を出そうとするなら、それは打たせていい打撃なのか考える。

自分が頭を相手の顎の下につけて、向こうの両腕を押さえつけようとしていた時、どこかのタイミングでヒジが来るとわかっていた。第2ラウンドか第1ラウンドの終わりだったかと思うが、彼は3回連続でヒジを打とうとしてきた。自分は手を引いて笑ってしまった。来ると分かっていたから。彼が戦う所を見れば、ケージを背にしている時はいつも、ああいうヒジで来るとわかる。自分がそういう状況になって、想定していた通りのことが起こったんだ。

ONE:第3ラウンドはレスリングで攻めていたが、アベラルドの抵抗はどうだったか?

ウォーゼン:アベラルドは間違いなくよくトレーニングを積んできていた。

おそらくグラップリング(組み技)を中心とした攻め合いを、想定していたのではないかと思う。だから向こうは、ケージをうまく使って仰向けに倒れないよう、かなりトレーニングしてきたと思う。そういう意志を感じた。

実際に、アベラルドを押さえつけようと必死だったし、グラウンドでは完全に優位なポジションというのは取れなかった。彼に敬意を表したい。もちろん自分の側にももっと取り組むべきことはあるが、自分のやりたいようにさせなかったという点で、アベラルドはいい仕事をした。だが同時に、試合を通して彼をコントロールすることができたし、危ない場面というのはなかった。

次の試合では15分間かけずに試合を終わらせるために、もっと改善すべきことがいくつかある。だがそれでも自分の今大会でのパフォーマンスにはかなり満足している。グラップリングの勝負ではほとんど優勢だったし、あまり大きなダメージも受けずに試合を終えることができた。

Troy Worthen uses his wrestling against Mark Fairtex Abelardo

ONE:アベラルドの最後の猛攻は油断していたか?

ウォーゼン:あれは完全に想定していた。彼はいつだって勝とうとしてくるから、負けていると分かっていればそういう風に来るしかなかったと思う。

残り20秒ほどで、彼が勝つためにはフィニッシュしかなかった。だから離れるとすぐ、向こうが猛攻をしかけようとしてきたから自分は逃げた。ほとんどの打撃は外れたと思うが、アッパーカットかフックは当たったかもしれない。ダメージではなかったが鋭い攻撃だった。

あの最後の攻撃は自分にとってはうれしかった。負けを覚悟した選手は、最後はただそこにいるだけということもある。それでは自分にとってもファンにとっても楽しくないからね。

マーク(アベラルド)は本物のファイターだ。試合に出て、最後まで戦い抜いた。試合中ずっと激しく戦い抜くような相手と戦うことができてうれしい。

ONE:無観客試合で自分や相手のコーナーからの指示が聞こえたのは、有利に働いたか?

ウォーゼン:それはあまり関係なかった。きちんと自分のコーチの声だけを集中して聞くことができた。ジムではスパーリングで何ラウンドもするから、コーチの声と指示に本当に集中している。

相手のコーナーから何か言っているのは聞こえたが、自分のやっていることに集中していたからあまり関係ない。ただ1度、アナウンサー席の近くでテイクダウンを決めた時があって、その時はまさに自分がやっていることを、(ONE実況者の)ミッチ・チルソンと(解説の)マイケル・スキャヴェロが話しているのが耳に入った。自分の試合中に誰かがアナウンスをしているのを聞いたのはおそらく初めてだったと思う。だからそれは面白い経験だった。

Troy Worthen defeats Mark Fairtex Abelardo at ONE KING OF THE JUNGLE

ONE:次の試合をどう考えているか?今年中に世界タイトルへの挑戦はあり得るか?

ウォーゼン:すべてはタイミング次第だと思う。適切なタイミングで誰が準備ができているかだ。トップで戦っている選手が何人かいると思う。ONEが既にフェルナンデスの相手を決めたのかわからないし、フェルナンデスが元気かどうかもわからない。だから全てはタイミング次第だ。

自分にはもう1試合、上位中の上位にいる相手への勝利が必要だと思う。そうすれば間違いなく、挑戦権を得られるだろう。ユサップ・サーデュラエフ(ロシア)、ケビン・ベリンゴン(フィリピン)、リー・カイウェン(中国)、それとも佐藤将光か。この中で誰が空いていて、誰が相手になるのか、見てみたいと思う。

確か以前、名前を挙げたことがあると思うが、特に反応はなかった。自分は同じことを何度もお願いし続けるタイプの人間ではないが、サーデュラエフと試合ができれば完璧な戦いになると思う。彼はこの階級で、直近の5試合で5連勝中だ。自分が対戦したことがないレベルのグラップラーでもあり、自分がフェルナンデスにどう立ち向かうかについて、多くの答えを見せられると思う。

もしサーデュラエフが空いているなら、自分の次の試合の相手としては理想的だ。どうなるかな。もし対戦して勝てば、次はタイトル戦だと思う。

ニュースをもっと見る

Focus StephenIrvine OFF70 Faceoff 1920X1280
IsiFitikefu HiroyukiTetsuka 1200X800
OkRaeYoon AlibegRasulov 1920X1280 1200x800
Kulabdam NabilAnane CeremonialFaceoff 1920X1280
JozefChen 1200X800
Jarred Brooks Joshua Pacio ONE 166 1 scaled
Kang Ji Won Mikhail Jamal Abdul Latif ONE Fight Night 18 11 scaled
Kirill Grishenko Dustin Joynson 1920X1280 ONE NextGen 17.jpg
44286
Superlek Kiatmoo9 Takeru Segawa ONE 165 34 scaled
AlibegRasulov 1200X800
Joseph Lasiri Prajanchai PK Saenchai ONE Friday Fights 46 12 scaled