ニュース

【8/28大会】ONE: A NEW BREED、スタンプ防衛戦にムエタイ決勝戦

2020年8月24日

大盛況のうちに「NO SURRENDER」シリーズを閉幕したONEチャンピオンシップは8月28日(金)、今月最もエキサイティングなイベント「ONE: A NEW BREED 」をタイ・バンコクでを開く。

メインイベントとコーメインイベントでは注目のムエタイ2試合があり、合計7試合が行われる。

メインイベントでは、ONEアトム級ムエタイ世界チャンピオンのスタンプ・フェアテックス(タイ)が、アリシア・ヘレン・ロドリゲス(ブラジル)を相手に、タイトル防衛に挑む。

スタンプは、2019年2月にジャネット・トッド(米国)を倒して初代ONEアトム級ムエタイチャンピオンの座に就き、立ち技2競技でONE世界タイトルを手にしたことがある唯一の女性アスリート。

2019年6月にONE公式アスリートランキング3位のアルマ・ユニク(オーストラリア)を相手にベルトを防衛して以降は、総合格闘技にも挑戦し、4連勝している。

今回は、バックボーンのムエタイで、ONEのニューカマー、ロドリゲスと対戦する。

ロドリゲスは、プロ戦績30勝5敗。アユタヤ・ミラクル・チャンピオンであり、「プーケット・ファイト・クラブ」に所属している。総合力の高いアスリートで、対戦相手にプレッシャーをかけるのを好む。スタンプが相手でも真っ向勝負を挑むに違いない。

コーメインイベントは、ONEバンタム級ムエタイトーナメント決勝戦で、ロドレック・PK・センチャイムエタイジム(タイ) と、クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ(タイ)が対戦する。

ロドレックは、Channel 7スタジアム ムエタイ世界チャンピオンであり、戦績は128勝41敗5分。リアム・ハリソン(イギリス)、アンドリュー・ミラー(スコットランド)、クリス・ショー(スコットランド)を相手に、ONEデビューから3連勝した。

だが、8月14日(金)の「ONE: NO SURRENDER II」で行われたONEバンタム級ムエタイトーナメント準決勝では、ロドレックはセーマペッチ・フェアテックス(タイ)を相手に苦杯をなめた。

だが、セーマペッチは負傷のため決勝進出を辞退し、ロドレックに再びチャンスが訪れたのだ。

一方のクラップダムは、元2階級ルンピニースタジアム・ムエタイ世界チャンピオンであり、ONEランキングでは3位のコンテンダーだ。

プロ戦績は62勝10敗5分。8月21日(金)の「ONE: NO SURRENDER III」で行われたもう1つの準決勝では、トップランカーのセンマニー・クロンスアンプルリゾート(タイ)を相手にノックアウト勝ちを決めた

トーナメントの優勝者は現ONEバンタム級ムエタイ世界チャンピオンのノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)に挑戦するチャンスを得る。

Muay Thai fighter Wondergirl Fairtex holds her hands together following her debut victory

「ONE: A NEW BREED」は、期待の新人ワンダーガール・フェアテックス(タイ)、ONEアトム級トップランカーのデニス・ザンボアンガ(フィリピン)、ONEデビューを迎えるデニスの兄ドレックス・ザンボアンガ(フィシピン)らも登場する。

 ONE: A NEW BREEDのフルカード

  • スタンプ・フェアテックスvs. アリシア・ヘレン・ロドリゲス (ONE アトム級ムエタイ世界タイトルマッチ )
  • ロドレック・PK・センチャイムエタイジム vs. クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ (ONEバンタム級ムエタイトーナメント決勝)
  • デニス・ザンボアンガ vs. ワシャピニャ・ガオコー(総合格闘技– アトム級)
  • ワンダーガール・フェアテックス vs. KC カルロス (ムエタイ– ストロー級)
  • ドレックス・ザンボアンガ vs. デッチャディン・ソンシリスッパティン (総合格闘技– フライ級)
  • ファン・ディン vs. ソク・ティー (ムエタイ– フライ級)
  • ヨッカイカー・フェアテックス vs. アレックス・シルド (総合格闘技 – フライ級)

Read more: 【8/21大会】ONE: NO SURRENDER IIIの勝者たちの次戦は?

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。