ニュース

ピーター・バウシュト「青木真也やアルバレスは倒すべき選手」

2020年5月1日

ピーター・バウシュト(オランダ)は2019年にONEチャンピオンシップのライト級に参戦して以来、誰にも止められないような強さを見せてきた。そして今、彼は世界王者への挑戦を望んでいる。

急上昇中のバウシュトは、自分が挑戦者にふさわしいことを証明するために、どんな選手とも対決するつもりでいる。ONEで苦労して獲得した3つの勝利を通じて見せてきたように。

バウシュトはまず、2019年5月の「ONE:WARRIORS OF LIGHT」で、下石康太を壮観なノックアウトで下した。

その後2019年10月にアントニオ・カルーソ(オーストラリア)、2020年1月にエドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)を、どちらも急なオファーだったにもかかわらず連続して倒し、ライト級上位層に割って入った。

クリスチャン・リー(シンガポール)が今の世界チャンピオンだから、彼が一番のターゲット。だがその前にいる相手を見逃すことはない」

「相手が誰で、いつ、どこでというのは、本当に気にしていない。時間と日付を教えてもらえれば、そこにいく。このことは既に2度、証明済みだ」

「ONE2試合目は、それまで無敗の選手が相手で、試合の3週間前にオファーを受けた。その次の試合は、何度も世界王者に輝き、総合格闘技ではレジェンドと言われる選手が相手で、2週間前のオファーだった」



バウシュトはセンセーショナルな8連勝、さらにONE参戦以降の素晴らしいパフォーマンスにより、ランキングではライト級3位に位置する。他のトップ選手たち何人かを倒せば、ランキングはさらに高まると信じている。

「強豪ぞろいのライト級にいるから、青木真也ザイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)、エディ・アルバレス(米国)などの選手が、倒すべき選手のリストに載っている」

ファンがバウシュトとの対戦を期待する選手が、2020年内の復活を目指している米国人スター、セージ・ノースカットだ。

ノースカットは昨年、ウェルター級でのONEデビュー後、階級をライト級に下げた。ノースカットとの対決は、バウシュトにとっても望むところだ。

「彼との試合に言及する人がたくさんいるから、注目度の高い試合になるだろう。チケットがたくさん売れ、たくさんの視聴者を引き付ける試合になる」

ONEの選手たちの強さに敬意を払ってはいるが、バウシュトは世界タイトル戦に向けて歩みを進めるために、彼らを倒せしていけると自信を持っている。

バウシュトはゲームのあらゆる領域で脅威になっている。これはプロ戦績17勝4敗の総合格闘家としての記録に表れている。

彼は強力な打撃と巧みな寝技、そして困難な状況にも適応し乗り越える格闘技IQを持っていると信じている。

「みんな腕2本、足2本、頭1つを持つ人間で、神様ではない。彼らを倒せる」

「敵を倒す方法を見つけるために3ラウンド、時には5ラウンドを戦い、いつもその方法を見つける」

誰と対戦するかに関わらず、対戦したい相手のリストのトップはリーだ。

バウシュトはONEライト世界王者に挑戦する機会を得るのは、時間の問題だと考えている。

チャンスを掴んだ時には、火花が散るような熱戦を保証する。だからさらにバウシュトは、自分が勝利を挙げてベルトを腰に巻いてリングを去ると約束する。

「チャンピオンになりたい。チャンピオンになることを狙っている。それが自分の望むものであり、自分にふさわしいと感じるものだ」

「激しい戦いになるだろうが、自分が勝つ。どちらもバランスが取れた選手が、自分の方が全体的なスキルが高い。信じてほしい。リーは真のチャンピオンだ。甘くみてはいないが、彼を倒せるとわかっている」

Read more: ONE選手秘話:ピーター・バウシュトとごみ収集業