ニュース

キアヌ・スッバ「復帰戦はホノリオ・バナリオと」

2020年4月29日

キアヌ・スッバ(マレーシア)は少し心配気味だ。

2019年5月の高橋遼伍との試合ですねを骨折して以降、スッバは11ヶ月も試合から離れているのだ。

まだケガからの回復途上だが、25歳のスッバはフェザー級のトップスターたちに注意を向け続けており、医者の許可が出たら挑戦したい、元ONE世界王者がいる。

「1年近く試合に出ていないから、試合に復帰した時にはしっかりとした印象を残す必要がある」

ホノリオ・バナリオ(フィリピン)は自分にとって完璧な対戦相手だ。その次に対戦したい選手のリストがあるが、今はバナリオだ。元世界チャンピオンである彼を倒すことで、世界タイトル戦争いに戻れるだろう」

バナリオは2012年2月に世界最大の格闘技団体ONEチャンピオンシップに参戦。わずか1年後に、同じくフィリピン出身のエリック・ケリーを倒し、初代ONEフェザー級世界タイトルを獲得した。

フィリピンの名門格闘技ジム「チームラカイ」のベテラン、バナリオは2016年に階級を上げ、エイドリアン・パンら評判の高い選手たちを倒し、ライト級で活躍した。

だが今年2月にバナリオはフェザー級に戻り、タイ総合格闘技のパイオニアであるシャノン・ウィラチャイを倒した

この勝利はバナリオをトップクラスの選手にする、いくつかの特徴を見せた。それはスッバがバナリオへの挑戦を熱望するもう1つの理由でもある。



「ホノリオ(バナリオ)は有名な選手だ」

「これまでの経験を見ても、青木真也やローウェン・タイナネス、エブ・ティン(マレーシア/ニュージーランド)といった選手と戦ってきた。(2018年9月の)アミール・カーン(シンガポール)との試合でも、カーンにテイクダウンからチョークを決められる前までは、もう少しで勝てそうだった」

「初めはブルーノ・プッチ(ブラジル)との対戦を考えた。でも調べてみると(バナリオの方が)ファン層が大きいことに気づいたんだ。だから彼と対戦したい」

「他にも新しい選手たちがいるが、『あいつは新人を倒すだけ』とは言われたくないんだ。この階級での自分の強さを証明したい」

マレーシアの総合格闘家が大振りのキックを放つ

スッバは長年に渡り、インドネシアの格闘技ジム「Bali MMA」と母国マレーシア・クアラルンプールの「Monarchy MMA」でスキルの大幅な向上に努めてきた。

ジムでの激しいトレーニングによりスッバは、ONEでの成功に必要なテクニックと精神力を身に着けた。

2015年10月にONEデビューして以来、6勝全てを第1ラウンドで獲得。相手はミャンマーのスターのプー・トー、パキスタンのアフメド・ムジタバらだ。

そのためスッバは、バナリオの多彩な立ち技の攻撃を、非常に警戒しているというわけではない。実際、念願の勝利を挙げるためのカギは、ゲームのあらゆる領域で、自分自身が握っていると信じている。

「彼がONEと最初に契約した時は、かなりウーシュー一辺倒な選手として見られていた」

「でも彼はバランスの取れたファイターに進化した。最近の何試合かでは、ただノックアウトに行くというより、テイクダウンやサブミッションを狙っていた。自分も上達してきたから、面白い戦いになるだろう」

「体の強さと打撃は彼の最大の脅威だが、自分は彼のパターンがわかると思う。グラウンドに行くなら、自分にとってはさらに良い」

マレーシアの総合格闘家が勝利を祝う

ONEの舞台に戻りたいという強い熱意を持っているものの、スッバが試合に戻るのはケガが完全に回復し、体の調子が万全になってからだ。

その時が来たら、スッバはこれまでに描いてきた成功の青写真を現実のものにし、ONEフェザー級世界タイトル戦への挑戦に向けて進んでいくつもりだ。

「試合のオファーを受けるか考える前に、やらなければならないことがまだたくさんある」

「1年間レスリングしていないから、レスリングに慣れ、激しいグラップリング(組み技)やスパーリングができるようになるまでに2、3ヶ月かかるだろう」

「焦らず戻る必要がある。理想的には年末近くの、12月のクアラルンプールの大会で戦いたいと思う」

「勝つことは自分にとって重要。まず1勝して連勝をスタートし、あと2年以内に世界チャンピオンになりたい」

Stay in the know

Take ONE Championship wherever you go! Sign up now to gain access to latest news, unlock special offers and get first access to the best seats to our live events.