キックボクシング

【4/22大会】ONE 156– アーセルV4、サンデルが初代女王

2022年4月22日
Regian Eersel Arian Sadikovic weight in 1920X1280 1200x800

ONEチャンピオンシップは4月22日(金)、世界タイトルマッチ2試合と、次のONEストロー級世界タイトル挑戦者を決める試合など計15試合が行われる大会「ONE 156: Eersel vs. Sadikovic」をシンガポール・インドア・スタジアムで開催した。

メインイベントでは、ONEライト級キックボクシング世界王者のレギン・アーセル(スリナム)が、アドリアン・サディコビッチ(ドイツ)を迎え防衛戦。ユナニマス判定で勝ち、4度目の防衛を決めた。

コーメインイベントでは、ジャッキー・ブンタン(米国)と、17歳のスミラ・サンデル(スウェーデン)が初代ONE女子ストロー級ムエタイ世界タイトルをかけて対決。サンデルがユナにマス判定で勝利した。

また、ストロー級1位コンテンダーのボカン・マスンヤネ(南アフリカ)と2位のジャレッド・ブルックス(米国)が対決。ブルックスが第3ラウンドで一本勝ちし、次の挑戦者候補になった。

ONEチャンピオンシップのチャトリ・シットヨートン会長兼グループCEOは、アーセル、サンデル、マイキー・ムスメシ(米国)に5万米ドル(約640万円)のパフォーマンス・ボーナスを授与した。また、序盤で2度ダウンを奪われながら逆転TKO勝利を決めたリアム・ハリソン(イギリス)にはONE史上2人目の10万米ドル(約1280万円)のパフォーマンス・ボーナスが贈られた。

試合結果とハイライト動画は以下の通り。

メインカード

ライト級 キックボクシング 世界タイトルマッチ
“The Immortal”レギン・アーセル“Game Over”アドリアン・サディコビッチ に、 ユナニマス判定で勝利

ストロー級 ムエタイ 世界タイトルマッチ
“The Storm”スミラ・サンデルジャッキー・ブンタン に、 ユナニマス判定で勝利

キャッチウェイト (58.1KG)
“The Monkey God”ジャレッド・ブルックス“Little Giant”ボカン・マスンヤネ に1ラウンド4:39 、サブミッション (リア・ネイキッド・チョーク)で勝利

バンタム級 ムエタイ
“Hitman”リアム・ハリソン“Elbow Zombie”ムアンタイ・PK・センチャイ に1ラウンド2:19 、 TKOで勝利

バンタム級
“ランニング・マン”ソン・ミンジョン“The Ghost”チェン・ルイ に2ラウンド4:26 、サブミッション (リア・ネイキッド・チョーク)で勝利

ストロー級
“Mini – T”ダニエル・ウィリアムス川原波輝 に、 ユナニマス判定で勝利

リードカード

ストロー級
“El Gladiador”グスタボ・バラート“Tobizaru”猿田洋祐 に、 ユナニマス判定で勝利

ライトヘビー級 キックボクシング
“Mister KO”アンドレイ・ストイカヤニス・ストフォリディス に、 マジョリティ判定で勝利

アトム級 ムエタイ
アニッサ・メクセン“The Valkyrie”マリー・ルーメット に、 ユナニマス判定で勝利

フライ級
ウィンドソン・ラモスウ・ソンフン に、 ユナニマス判定で勝利

ストロー級
“Monster”ダヤン・ソウザ三浦 彩佳 に2ラウンド0:56 、 TKOで勝利

ライト級
“Bambao”アブラーオ・アモリム“Crazy Dog”パク・デソン に2ラウンド1:20 、 TKOで勝利

ウェルター級
“Camellia ”ジン・テホ“Alligator”アギラン・ターニ に1ラウンド2:23 、サブミッション (キムラ)で勝利

キャッチウェイト (65KG) サブミッション・グラップリング
“Darth Rigatoni”マイキー・ムスメシ“足関十段”今成正和 に1ラウンド4:09 、サブミッション (リア・ネイキッド・チョーク)で勝利

フェザー級
キアヌ・スッバジェームズ・ヤン に、 ユナニマス判定で勝利

その他の結果

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。