猿田洋祐

"Tobizaru"

身長
160 CM
体重制限
56.7 KG
出身
日本
身長
160 CM
体重制限
56.7 KG
出身
日本

紹介

ONEストロー級元世界王者の猿田洋祐は、若い頃に器械体操を通じて、後に格闘家として成功を収める土台を築いていた。ある時、器械体操を続けていても将来がないと感じ、器械体操を辞めて新しく挑戦できる何かを探し始めた。そしてたまたま家の近くに総合格闘技のジムがオープンしたのを機に、そこでトレーニングを始めることにしたのだった。わずか1年後、猿田は既にケージで戦っており、アマチュア格闘家として活躍し始めていた。

猿田はやがてプロ転向を決意。総合格闘家としての自分の夢を追い求め、家族の反対を押し切って上京した。幸いにも後に妻となる恋人のサポートを得ることができ、猿田は自分の夢の実現に全力を注いだ。そして競争の激しい日本格闘界を席巻し、2017年に修斗ストロー級世界タイトルを手にしたのだった。

国内で10年に渡り活躍した猿田はついに、ONEチャンピオンシップと契約してメジャー大会で活躍する絶好のチャンスを得た。猿田は2018年のデビュー戦でいきなり、元世界王者のアレックス・シウバ(ブラジル)と対戦。ユナニマス判定で下すという衝撃のデビューを遂げた。さらにわずか1ヶ月後、ジョシュア・パシオ(フィリピン)を下して、念願のONEストロー級世界王者の称号を獲得した。だが3か月後に再びパシオと対戦して敗れ、ベルトを返上することになった。