ニュース

【10/30大会】ライト級ベルトに挑戦、ユーリ・ラピクス「自分に弱点はない」

2020年10月26日

過去6年間にわたり、ユーリ・ラピクス(モルドバ)は世界チャンピオンになることを夢見てきた。

25歳のラピクスはその目標を懸命に追ってきた。イタリアで最高のジムに入り、世界最高のアスリートとトレーニングを重ね、目の前に立ちはだかる敵を打ち負かしてきたのだ。

そして今、無敗のラピクスは、その夢の実現まであと1勝と言うところまでたどり着いた。

10月30日 (金)、シンガポールで行われる「ONE: INSIDE THE MATRIX 」で、ラピクスはONEチャンピオンシップのライト級世界チャンピオンのクリスチャン・リー(シンガポール)に挑戦する。

「デビューした時からこの試合をしたかった」と、ラピクスは話す。

「最初にリングに足を踏み入れた時から『世界チャンピオンになりたい』って自分に言い聞かせてきたんだ。ついにこの時が来たと思うし、自分がこの階級最強だって世界に証明するのが待ちきれない」

ラピクスは、イタリアを拠点とし、2014年5月の総合格闘技プロデビュー以来、圧倒的な脅威であり続けている。

12戦連続第1ラウンドフィニッシュ勝ちの記録をひっさげ、ONEチャンピオンシップに参戦。以来、ONEの舞台でも活躍してきた。

2019年5月のONEデビュー戦では、シャノン・ウィラチャイ(タイ)を相手に一本勝ち。

そして今年2月、元ONEフェザー級世界王者で、マラット・ガフロフ(ロシア)と対戦。ダゲスタン出身のグラップリングのエキスパートを、わずか67秒で仕留めたのだ。

この勝利で、ラピクスは「ONE公式アスリートランキング」でライト級トップコンテンダーの位置を確保し、リーと「ONE: INSIDE THE MATRIX」で対戦する機会を得た。

「間違いなくいいファイターで、総合力も高い」と、ラピクスはリーを評する。

「リーはかつて違う階級で戦っていたから、自分は相手にとってライト級の大きな試練になるだろう」

リーは元々フェザー級出身。だが2019年5月、青木真也が有していたONEライト級世界タイトルに挑戦。第1ラウンドに青木のアームバーに苦しめられたものの、第2ラウンドにノックアウトを決めてベルトを獲得した。

さらに10月、ONEライト級世界グランプリ決勝戦に出場し、ザイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)をユナニマス判定で下してトーナメントを制覇。ONEライト級世界グランプリのベルトも獲得したのだった。

現在、リーの戦績は13勝3敗で、ONEチャンピオンシップ史上最多フィニッシュ数記録「12」を有している。

だが、ラピクスはそんな強敵との対戦を恐れていない。

「特に怖いことはない」

「リーは特に目を引くものは持っていない。試合を見ても、危険なファイターだとは思えない」

リーはブラジリアン柔術黒帯だが、それも不安材料にはならないと言う。

「ガフロフだって黒帯だったが、自分がどうやって仕留めたか見ただろう?」

「もちろん、ブラジリアン柔術は役に立つが、リングの中ではキモノは着ちゃいない。だから違う戦いだってことだ。ブラジリアン柔術の技術を違った次元に持っていく必要がある」

ラピクスは技術の向上を追求してきた。

元々グラップリング出身のラピクスは立ち技を上達させようと、イタリア・ミラノの強豪「チーム・ペトロシアン」に入門した。ONEフェザー級キックボクシング世界グランプリチャンピオンのジョルジオ・ペトロシアンと弟のアーメン・ペトロシアンの下で、技を磨き上げている。

「世界最高の強者とトレーニングできるのは、技術的にも精神的な面でも、またとない機会だ」

「ジョルジオとアーメンは、素晴らしいコーチで兄弟。ここよりいい場所なんてないだろう」

向上した打撃技術に加え、スキのないグラップリング技術。ラピクスは、自身の総合力で未来の対戦相手に「悪夢」をもたらすことができると、感じている。もちろん、リーも例外ではない。

「弱点はないと思う」

「ジョルジオとアーメンのおかげで、打撃は上達したし、寝技は常にトップレベルだ」

Unbeaten lightweight contender Iuri Lapicus poses with the winner's medal and the ring girls

ラピクスは、その自信とともにシンガポールに乗り込む。

「夢が叶った」

「人生でまたとない機会だ。逃さないためになんでもする」

Read more: 【10/30大会】デ・リダー「アウンラ・ンサンを締め上げて勝つ」