キックボクシング

ボグダン・ストイカ、兄を追ってONEと契約

2020年5月18日

世界最大の格闘技団体、ONEチャンピオンシップは多くの才能がひしめくONEスーパーシリーズにもう1人の「ストイカ」を迎え入れる。

ルーマニアのキックボクサー、ボグダン・ストイカが5月14日(金)、立ち技シリーズに参戦するため、ONEと正式に契約を交わした。

30歳のボグダン・ストイカは、プロ戦績52勝12敗、うち37勝はノックアウトによるもの。

これまでに、ジネディーヌ・アムールラン、フレッド・シッキング、ファビオ・クワシといった強敵と対戦し、勝利。

SUPERKOMBATのクルーザー級世界チャンピオン、世界空手&キックボクシングユニオン (WKU) クルーザー級世界タイトル、エンフュージョン・ライトヘビー級世界チャンピオンの座を射止めてきた。

また、国内でも2度ウーシューのチャンピオンになっている。



すでにONEのファンであれば、ストイカの兄であるアンドレイ・ストイカについて知っているだろう。アンドレイは、2020年内にONEライトヘビー級キックボクシング世界王者のローマン・クリークリャ(ウクライナ)に挑戦する予定となっている。

ボグダン・ストイカのデビュー戦はまだ決まっていないが、ファンは年内にもONEで活躍する姿を見ることができるかもしれない。

View this post on Instagram

TeamStoica ????????! #spartanrestaurant #badboy

A post shared by Bogdan Stoica (@b.stoica) on

Read more: 身長2㍍、クリークリャがONEデビューするまで

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。