ニュース

ブランドン・ベラ「アルジャン・ブラー相手、王座防衛楽しみ」

2020年5月8日

ONEチャンピオンシップのヘビー級世界王者ブランドン・ベラ(フィリピン)は、次の試合で、最も厳しい挑戦者が待っていると分かっている。

フィリピン系アメリカ人のベラは、ようやく手に入れたベルトを2度、素晴らしいノックアウトによる勝利で防衛した。

だがレスリングのアイコン、アルジャン・ブラー(インド)はヘビー級のトップ選手たちに、全く新しいレベルの脅威をもたらしている。

これはベラも理解していることであり、彼を刺激する類の挑戦でもある。

「アルジャン・ブラーと戦い、ONEヘビー級世界タイトルを防衛することを楽しみにしている。彼はおそらく、最適な挑戦者だと思う」

「彼は本物だ。とても尊敬している。彼のレスリングは並外れている。自分と同じように正統なレスリングを学んできた」



ベラが話すように、ブラーのレスリングの経歴は並外れている。

33歳のブラーは2010年のコモンウェルスゲームスで金メダルを獲得し、2012年の夏季オリンピックではカナダ代表にもなった。

2014年に、驚異的なグラップリング(組み技)のスキルを活かして総合格闘技に転向し、その後プロとして10勝1敗の戦績を築いた。

直近では、2019年10月の「ONE:CENTURY 世紀」第二部で、ONE世界タイトル戦に挑戦したこともあるマウロ・チリリ(イタリア)を相手にONEデビューし、ユナニマス判定で勝利を収めた。

ブラーはレスリングで高く評価されているが、その試合で勝利につながり、ベラの注目を集めたのは、ボクシングだった。

「誰もブラーのボクシングの話をしていないが、素晴らしいものを持っている。本当にすごい。頭の動かし方もいい。素早くて、近距離でいるのが好きだ」

ブラーはまた、試合中ハイペースで攻撃を続ける能力を見せてきた。ヘビー級の選手が総合格闘技の試合で3〜5ラウンドをハードに戦うのは珍しいことだ。

ベラはこうした特徴を持つヘビー級選手がほとんどいないことを知っており、ペースを落とさせる方法を考え出す必要がある。

「アルジャン(ブラー)はほとんどのヘビー級選手よりもスタミナがある。そこが本当に際立っている」

「彼は自分のペースを調整する方法を知っている。ほとんどのヘビー級選手は、自分のペースを調整する方法を知らない。彼が不慣れなさまざまな場所でプレッシャーをかけたり、試したり、突いていったりする必要がある」

ブランドン・ベラが「ONE:CONQUEST OF CHAMPIONS」でのマウロ・チリリに対する勝利を祝う

だがベラは、この試合が判定までもつれるとは想定していない。

ONEでヘビー級の対戦相手4人全員を、第1ラウンドでのノックアウトで倒したベラは、連続フィニッシュを続けたいと考えている。

「世界タイトル戦を戦うんだ。試合は3人のジャッジたちの手ではなく、自分たちで決着をつけないといけない」

Read more: ロッタン、キックでもベルト狙う「2種目王者になりたい」