サイドストーリー

ONEアスリートに聞く、ブラジリアン柔術とは?

2020年3月23日

「BJJ」はブラジリアン柔術(Brazilian Jiu-Jitsu)の略だ。だがこれは頭文字の定義にしか過ぎない。

アームバー、トライアングルチョーク、キムラロックなど、BJJを実践している選手にとってはより深い意味を持っていることがわかる。

ONEフライ級世界王者アドリアーノ・モラエス(ブラジル)、元ONE女子アトム級世界戦挑戦者の山口芽生、そしてBJJ世界チャンピオンに8度輝いたミシェル・ニコリニを例に取ってみよう。

3人の総合格闘家は同じようなテクニックを研究しているが、BJJはそれぞれにとって、まったく異なるものを意味している。

BJJは自己改善への道

アドリアーノ・モラエス

モラエスは、BJJはより良い人生の扉を開くだと考えている。

「BJJから多くのことを学べる。BJJを通じて自分の社会的な役割、自己認識、謙虚さを理解することができる」

だが現ONEフライ級世界王者がこのような見方を身に着けるまでには、かなりの時間がかかった。

モラエスは16歳の時、良くない仲間と付き合い、ケンカに明け暮れていた。あるケンカに負けた後、仲間の1人が生活を変えるよう、そしてBJJを試してみるよう勧めたのだった。

「紫帯を持つキックボクサーの友人が、自分をBJJのクラスに連れて行ってくれた」

「BJJでの最初の日はとても嫌だった。その時は、なぜ人々が痛い思いをするためにお金を払うのか想像もできなかった。それに自分は痩せていて背が低く、みんなに叩かれ続けていた」

しかし、モラエスはBJJをやり続け、最終的に彼はアタイジ・ジュニオールの下で黒帯も獲得した。

「柔術は毎週、進化している。今日のBJJのゲームはすぐに古くなり、別の次元に進む。この進化を追いついていくには、毎週トレーニングをしないといけない」

BJJの進化と同様に、モラエスも進化した。グラップリングの芸術はモラエスをすぐに、新しい世界へと導いた。

「BJJが何であるかを理解するのに長い時間がかかったが、長年のトレーニングの末、最終的にBJJの哲学を理解することができた」

「自分にとってBJJは、総合格闘技を理解するのに最適な芸術。他の格闘技を打ち負かすために作られたものであり、現在でも機能していると思う」



BJJは学習プロセス

山口芽生

一方、山口芽生はBJJの真の意味を理解するために最も良いやり方は、研究、分析、改善することだと考えている。

「BJJはとても細かい。怠けたり動きを飛ばしたりはできない。きちんとした順序で動けば、試合をフィニッシュできる確率が高まる。それに、動きもよりシャープになる」

「技術の向上に役立つのは繰り返し練習すること。その時はリラックスしてほしい。速さは関係ない。重要なのは、プロセス全体で行う正しい手順だ」

だがより強くなるために、山口は2つの資質の重要性を強調する。

「BJJが危ないスポーツだと誤解している人も多い。グラップリングは芸術だ。必要なのは体の強さと自信」

「体の強さは、全ての基本的なBJJのテクニックを新しいレベルに高めることができるからと重要。決して見落としてはいけないことだ」

「それに、高度なスキルを持つ相手と対戦する自信が得らる。また、グラップリングの重要性を軽視する他のアスリートよりも、よりきつい戦いができるようになる」

BJJは人生の比喩

Michelle Nicolini

 ニコリニはBJJと共に食べ、眠り、呼吸する。ブラジリアン柔術なしの生活を想像することはできないと言う。

「BJJは私にとって全て。世界で最も重要な格闘技の一つだ。トレーニングを始めてから、私の人生は考え得る限り最高の方向性に向かい始めた」

「初めてマットに足を踏み入れた時から、BJJを大好きになると分かった。何もわからないなりにも、諦めることはなかったから。とても痩せてシャイな性格だったが、BJJのクラスに行くたびに最高の気分になれた」

「数か月経って、最初の試合に出たが負けた。それでもBJJでは学びに終わりがないから、いつももっとうまくなれると感じていた」

BJJは ニコリニの人生を変えた。そして今、BJJを広めるために自分にできることに取り組んでいる。

20年の経験を持つ選手として、 ニコリニはBJJとそのライフスタイルを世界中の人々に広めることが重要だと考えている。

「私が長年やってきたことは、世界中を旅して、知識や経験をあらゆる階層の人々と共有すること。自分は世界中の素晴らしい人々と出会い、一緒にトレーニングをしてきた。彼らはBJJについての私のメッセージを理解していると信じている」

「BJJは私の人生の大きな部分を占めているし、決して諦めないことを教えてくれた。それが本当に伝えたいこと」

「簡単なことではない。最初はある日何かを学ぶと、翌日は忘れているかもしれない。少しもどかしいかもしれないが、自分の心と夢に従っていれば、決して成長が止まることはない」

Read more: 青木真也のONE入門:リング上の詰将棋・関節技