サイドストーリー

サッカー好きのONEアスリート達

2020年6月9日

サッカーは世界中で人気を誇るスポーツであり、ONEチャンピオンシップのアスリートの中にも熱心なファンがいる。

他のスポーツと同様に、サッカーも新型コロナウイルスの影響を受けているが、ドイツリーグは5月に再開。Jリーグやスペインのラ・リーガ、イングランドのプレミアリーグ、イタリアセリエAなどが再開に向けて動き出している。

この機会に、経験者やサッカーファンのONEアスリート達の声を紹介する。

ラディーム・ ラフマン(シンガポール)

「リヴァプールFCのサポーターだ。世界で最も大きなクラブの1つで、イングランド・プレミアリーグのトップチームだ。ファン層も広く、UEFAチャンピオンズリーグの昨季王者。とても誇りに思っている」

「ラファエル・ベニテスが居た時代に真剣に見始めた。その時、最高のミッドフィルダーとストライカーがいたんだ」

「イングランド・プレミアリーグの再開が待ち遠しい。またリヴァプールにタイトルを獲得してほしい。安全対策を実施するために、最善を尽くしてくれるだろう。どこにいても、このチームの試合が見られるのはファンとしてラッキーだ」

高橋遼伍

「小3から中3までサッカーをしていた。高校からは格闘技を始めたのでサッカーは社会人チームでやった。中学の時は、リベルタ明石(兵庫県)というクラブチームでプレーしていた」

「15年ほど、(ラ・リーガの)レアル・マドリード、FCバルセロナのファン。格闘技の練習の時に、このチームのトレーニングウェアを着ている」

「毎週テレビでダイジェストでチェックしている。(両チームが対戦する「伝統の一戦」)エル・クラシコはもちろん夜中まで起きて観戦する」



佐藤将光

「初めてサッカーをしたのは幼稚園。公園で兄や友だちとやったが、サッカーというより球蹴りだった。小学生になり地元のクラブチーム入り、中学は1年だけクラブチームでやっていたがやめてしまい、高校に入って部活で再開し3年間やった。 今は2、3ヶ月に1度、学生のときの友達にフットサルに誘ってもらったときにやる程度 」

格闘技を始めてからほとんどサッカー見なくなってしまったが、 小学生のときはJリーグ観ていてジーコ、レオナルド、アルシンドを見て、鹿島アントラーズのファンになった。ユニフォーム持ってた」

今は残念ながらそれほど見ていない。今は(ラ・リーガのマジョルカで活躍する日本代表)久保建英選手など、気になる選手の活躍を追っているくらい」

レアンドロ・ アタイデス(ブラジル)

「(ブラジルリーグの)CRフラメンゴのサポーターだ。FCバルセロナやレアル・マドリード、(イングランド・プレミアリーグの)マンチェスター・シティFCも好きだ。新型コロナウイルスの大流行でリーグが再開されていないが、またすぐに観戦できればと思う」

竹中大地

「小学校高学年から高校卒業までプレーしていた」

「サポーターではないが、大阪のチームのセレッソ大阪は好きだ。子供の頃、何度か長居競技場(ヤンマースタジアム長居)に試合を見に行った」

「今はサッカーは全然追えていない。今は格闘技ばかり(笑)。 学生の頃は(サッカー専門番組の)MONDAY FOOTBALL Rを見ていた」

アブロ・フェルナンデス(インドネシア/東ティモール)

「(インドネシア・スーパーリーグの)ペルシジャ・ジャカルタが好きだ。いつもいいメンバーがいると思う。(他のインドネシアのチームに比べて)メディアに出る機会も多いから、テレビでよく試合が放映される。チームのプレースタイルが好きだ」

「外国のチームでは(イングランド・プレミアリーグの)マンチェスター・ユナイテッドと、(セリエAのユヴェントス所属の)クリスティアーノ・ロナウドが好きだ。マンチェスター・ユナイテッドではもうプレーしてないけれどもロナウドはフォローしてる。また試合が見られるようにリーグの再開を待ち望んでいる。サッカーはお気に入りのスポーツだから」

Stay in the know

Take ONE Championship wherever you go! Sign up now to gain access to latest news, unlock special offers and get first access to the best seats to our live events.