サイドストーリー

デメトリアス・ジョンソンのトレーニング法

2020年5月22日

ONEフライ級世界グランプリ王者、DJことデメトリアス・ジョンソン(米国)は、ハードワークとスマートワークを組み合わせることで、格闘技のトップに君臨してきた。

ジョンソンは努力家であり、それが彼を史上最高の格闘家の1人にした理由だ。だが彼はまた、適切なバランスを取ることが、長く続ける秘訣だと知っている。

米国の総合格闘技の伝説ジョンソンにとって、それは次の試合に向けたトレーニングをすること、1年を通して健康を維持すること、そして最も重要なこととして、父親と夫としての役割を果たすことである。

この記事ではジョンソンが、トレーニング・キャンプでの典型的な火曜日を紹介しながら、トップに上り詰めたいと願うアスリートに向けてアドバイスを提供する。

家族第一

トレーニング・キャンプが始まる時、ジョンソンはすぐに全力で取り掛かる。

「試合の約6週間前の火曜日は最もきつい」

「午前8時頃に起きて、まず妻と子どもたちのために朝食を用意する」

「自分はいつも、卵2つと卵白だけもう1つ分、それにターキーソーセージみたいなたんぱく質と、炭水化物。ブラウンシュガーとシナモンが少し入っているグルテンフリーのオートミールが好きで、栄養的にもいい」

みんなが食事を終えて準備が整うと、ジョンソンは次の仕事に取り掛かる。

「子どもたちは通常、午前9時までに学校に着かないといけないので、子どもたちを学校に送り、それからその日の最初のトレーニングに行く」

朝の有酸素運動

33歳のジョンソンの最初のセッションは、午前9時半頃に地元のプールで泳ぐこと。

ジョンソンにとって、全身の有酸素運動ができる、負荷の少ない方法だ。

「水泳で朝の有酸素運動を始めるのが好き。血液と酸素を体や筋肉に行きわたらせることができる」

「以前は5分のラウンドを5回やっていたが、肩の負担が非常に大きいから、今ではだいたい3回にしている」

「1回目と3回目は普通の平泳ぎ。2回目はインターバル。その後に最大酸素摂取量を鍛えるために潜水をして終わる」

燃料補給

泳いだ後は、ジョンソンは栄養補給と残りの仕事のために家に向かう。

「セッションが終わった後の2番目の食事はリンゴとピーナッツバター」

「それから、家に帰った時に摂る3度目の食事はたんぱく質、炭水化物、それに野菜。通常は、サーモンにホウレンソウのソテー、玄米にする」

そして、今度は父親としての務めだ。

「子ども1人を迎えに行く。次のセッションに移る前に少しの間、一緒に遊べる」



スパーリングとテクニック

2つ目のセッションでは、車で1時間かけて格闘技ジム「AMCパンクレイション」に行き、2時間の激しいトレーニングを受ける。

「午後4時半頃にジムに着いて、みんなに挨拶する。そしてウォームアップしてギアを入れる。セッションが始まる前にスナックとして、グラノーラバーを食べる」

「5時にトレーニングを始めて7時までやるから、2時間のセッションだね」

「火曜日はムエタイのスパーリングの日だ。体が温まってから7ラウンドやる。5分を5ラウンド、その後に3分を2ラウンドだ」

「そこからすぐに縄跳びをして、それからテクニックのトレーニングを1時間やる。新しいテクニックを学び、練習して、正しいポジションでできるようにする」

1日の終わり

2時間の激しいトレーニングが終わると、再び1時間かけて自宅に戻る。そしてようやく、妻のデスティニーと過ごす時間だ。

「全部が終わって、シャワーを浴びて、その日の最後の食事をする。通常はサーモン、サツマイモ、青菜のようなものを食べる。そして、妻とソファーで過ごす時間」

「10時半から11時頃に就寝して、もう一度繰り返す準備をする!」

最も適したやり方

「ONE:CENTURY 世紀」でダニー・キングガッドと戦うデメトリアス・ジョンソン

ジョンソンはプロの総合格闘家として13年、34試合を経験している。最も重要なアドバイスは、自分の体とコーチに耳を傾けること。そして自分の状況に適したトレーニングをすることだ。

1日にもっと多くのことをこなすアスリートもいるかもしれないが、ジョンソンのやり方が結果としてもたらしたものには反論できないし、彼は長年にわたって素晴らしい体の状態を保ってきた。

「非常に高いレベルでのトレーニングや試合に関しては、それが適切な量かどうかは決してわからない。自分は自分が十分だと思うことをやるだけで、変更を加える必要があるかどうかをコーチが決める」

「一生懸命トレーニングして、翌日に気分が悪い時があったら、内容を変えて別のことをしてもいい」

「自分にとっては、それは日々の一貫性を保つこと。体を酷使してしまい、長くキャリアを続けられないアスリートもいる」

健康で幸せに

もちろん、激しいトレーニングと忙しい家庭生活、さらにはYoutubeの公式チャンネル「Mighty Gaming」など他のプロジェクトのバランスを取るのは難しい。だがジョンソンは、健康でケガのない体を維持するために、いくつかの提案がある。

「(米フィットネス系ブランドの)Onnitのサプリメントを使っている。グルタミン、植物性タンパク質、ビタミンD、MCTオイル(中鎖脂肪酸)を摂取している」

「朝と夜のグルタミンは筋肉と腸の健康をサポートし、次のセッションのために燃料補給するのに役立つ」

「ビタミンDは、摂取した栄養素を腸が吸収するのを助ける。MCTオイルは、自分がコーヒーが得意ではないから、朝に摂取したいクリーンなエネルギーのようなもの」

「丸1日活動し続けて神経が昂っているかもしれないから、リラックスさせるために『New Mood』というサプリメントも使っている」

Read more: 「大人になったDJへ」デメトリアス・ジョンソンの一流格闘家への道程