キックボクシング

ONE日本選手が語る夢の対決・後編

2020年7月12日

ONEチャンピオンシップの日本選手が語る観戦してみたい試合、前編に続き、後編も様々な意見を紹介する。

種目を超えて

トップ選手が他種目転向したら?そんな想像をめぐらせた回答もあった。総合格闘技参戦も視野に練習をしているというONEフライ級ムエタイ世界王者のロッタン・ジットムアンノン(タイ)に期待が寄せられた。また、立ち技種目の選手からは、ONEフェザー級世界王者のマーティン・ニューイェン(ベトナム / オーストラリア)のONEスーパーシリーズ参戦を望む声も。

ジョルジオ・ペトロシアン vs. マーティン・ニューイェン(ONEスーパーシリーズ)

ペトロシアンの鉄壁のディフェンスをかいくぐって、ニューイェンがトリッキーな打撃を与えられるのかを見てみたい(秋元皓貴 

 マーティン・ニューイェンのスーパーシリーズ参戦が見てみたい。 総合格闘技の選手だが、ストライカーなので立ち技だけのルールでも確実に強いと思うので単純に見てみたい (内藤大樹

 ★ロッタン・ジットムアンノン(総合格闘技)

ロッタンの総合格闘技を見てみたい。ロッタンは、ムエタイでチャンピオンになっているので、総合格闘技に転向してほしい(高橋遼伍



リスペクトする選手の試合 

Aung La N Sang celebrates his KO of Brandon Vera at ONE: CENTURY

対戦カードを選ぶ際に、尊敬する選手という視点で理由を述べた選手もいた。

デメトリアス・ジョンソン vs.アドリアーノ・モラエス

 どちらも好きで尊敬する選手。DJ(デメトリアス・ジョンソン)は体格も似ているのでどうやってアドリアーノを攻略するのか興味がある(猿田洋祐 

 アウンラ・ンサン vs. ヴィトー・ベウフォート

アウンラ・ンサンはONEの重量級を象徴するミャンマー人初の国民的スターチャンピオン!アウンラ・ンサンは世界中の猛者達を倒してきた。私も同じアジア人として、重量級で活躍することの難しさを肌で感じている。そんな厳しい重量級にて、2階級にもわたるチャンピオンになり、ONE重量級の象徴となっているアウンランサンを尊敬している。ベウフォートは、相互格闘技をこよなく愛している人なら、彼を知らない人は世界中どこにもいないであろう本物のレジェンド 数々の経験・実績があり、感動や興奮を世界中の人々に与え続けてきた このスター2人がケージの中で対峙するだけで、ONEチャンピオンシップにまた新たな歴史が作られる アウンラ・ンサンに対して、先輩ベウフォートがファイトを通じて伝えるスピリットを、ONEのいちファンとして見て感じたい(岡見勇信

練習仲間の試合

トレーニングを共にする仲間の試合を挙げた例も。間近で成長ぶりを観察している分、説得力も抜群⁉︎

デメトリアス・ジョンソン vs. 若松佑弥

 今の(若松)佑弥くんなら何か起こしてくれそうな気がする。(2019年3月の)DJ戦後、佑弥くんと練習を共にする事が多かったが、明らかに心技体がパワーアップしていると思う。 前回より引き出しが沢山あるだろうし自信もあると思う(三浦彩佳

ティモフィ・ナシューヒン vs. 徳留一樹 

ティモフィ・ナシューヒンの爆発力は凄まじい!エディ・アルバレス戦を見ればそれは明らか。彼はパワーだけではなくスピードもある。アルバレス戦での勝利で彼は自信も手に入れ、今やONEライト級で1番注目すべきファイターかもしれない。 その相手として、徳留一樹との試合が見たい 徳留一樹は一時の不調から不死鳥のごとく蘇ってきた。トレーニング仲間である私はそれを実際に間近で見てきた。徳留一樹の武器、左ストレートはさらに研ぎ澄まされ、闘争本能も更にパワーアップしている。 この2人の試合は、デンジャラスな試合になるだろう。そのゾクゾクするスリルと怖さをこの試合で感じたい! (岡見勇信)

 Read more: ONE日本選手が語る夢の対決・前編