【5/4大会】ウェイ・ルイが秋元皓貴を分析「自分のほうが俊敏で素早い」

WeiRui 1200X800

中国人初のK-1王者ウェイ・ルイは、5月4日(土)の「ONE Fight Night 22: Sundell vs. Diachkova」で待望のONEチャンピオンシップデビューを果たす。

タイ・バンコクのルンピニー・スタジアムで行われる同大会のバンタム級キックボクシングマッチで対するは、元王者の日本の秋元皓貴

ウェイは20連勝中で、ONE以外での実績を考慮すれば、初出場で秋元のようなこの階級の強豪と対戦することは意外ではないだろう。

秋元と自身の違いについて、ウェイはONEチャンピオンシップにこう話している。

「自分のほうが俊敏でスピードがある。彼の打撃はより強力だ」

ウェイは中国武術の散打(サンダ)出身。スピードのあるキックとパンチに加え、動きやフットワークに重点を置いたダイナミックで総合力の高い打撃技術の持ち主という定評がある。一方、秋元は強力な打撃を有する空手のエキスパートだ。

ウェイは秋元のほうがより多彩な蹴り技を持っていると認めている。

「空手のほうが蹴り技が多い。だから、彼のアドバンテージはこの点にあると思う。自分は散打出身だから、自分の動きのほうがより俊敏だ」

長年格闘技に打ち込んできたウェイだが、秋元との重要な一戦を前に驚くほど柔軟で冷静な態度を保っている。ノックアウト宣言などをすることもない。

こうした落ち着いた心構えも戦略の一部のようで、ウェイはこう説明している。

「試合には常に勝者と敗者がいる。だが、自分はどんな結果でも受け入れる。結果を追い求めすぎると、かえってプレッシャーが高まる。だから、どんな試合でも平常心で臨み、失敗だって受け入れる」

ムエタイマッチにも前向き

ウェイ・ルイはすでに世界トップクラスのキックボクサーと見なされているため、将来的にどのONEの有名選手と試合をするべきかを想像し始めたファンもいることだろう。

だが、ウェイはロッタン・ジットムアンノン(タイ)やジョナサン・ハガティー(英国)といったONEの世界チャンピオンに注目していると認めつつも、まずは「ONE Fight Night 22」での秋元戦に集中したい様子だ。

それでも、将来的にはムエタイマッチに参戦することに前向きな姿勢を示している。

「今回の試合に集中したい。ここで完璧な試合ができれば、ムエタイマッチについては後から考える」

もしウェイが秋元に決定的な方法で勝てれば、ONEバンタム級キックボクシングとムエタイの世界王者であるハガティーとの対決がすぐさま実現する可能性もある。

ウェイはまだ対戦を呼びかけるようなことはしないものの、ハガティーに敬意を表している。

「彼は新しい世代の中で注目すべき指折りのアスリートだと思う」

キックボクシングをもっと見る

Tawanchai PK Saenchai Superbon Singha Mawynn ONE Friday Fights 46 48 scaled
MasaakiNoiri Champ 1200X800
Superlek Kiatmoo9 Rodtang Jitmuangnon ONE Friday Fights 34 55
Marat Grigorian Sitthichai Sitsongpeenong ONE 165 1 scaled
MasaakiNoiri 1200X800 1
Jacob Smith Denis Puric ONE Fight Night 21 24
Mongkolkaew ET 1920X1280
Noiri vs Sitthichai 1200X800
SmillaSundell NataliaDiachkova Faceoff 1920X1280
Capitan Petchyindee Hiroki Akimoto ONE X 1920X1280 59
Smilla Sundell Allycia Hellen Rodrigues ONE Fight Night 14 55 scaled
WeiRui 1200X800