ソーシャルメディア

マイク・タイソンとヴィトー・ベウフォートが一緒に練習

2020年5月26日

ONEチャンピオンシップのヴィトー・ベウフォート(ブラジル)と、元プロボクサーのマイク・タイソン、格闘技界で最も愛されている2人がプロレスのイベントで出会い、その後トレーニングを共にした。

ベウフォートは5月23日(土)、米国・フロリダのジャクソンビルで開かれたオール・エリート・レスリング(AEW)のイベント「Double Or Nothing」に出席した。

イベントは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で行われたが、ベウフォートはリングサイド席に招待され、AEW世界チャンピオンのジョン・モクスリー対ブロディ・リーの試合などを観戦した。

イベントには、ヘビー級ボクシング世界チャンピオンのマイク・タイソンも登場し、ベルトを持ちながらAEW・TNT初代王者になったコーディ・ローデスの試合を見守った。

イベント終了後、ベウフォートとタイソンの2人のレジェンドは会場に残り、共にトレーニングをする機会を得た。2人が準備運動でストレッチをする様子が動画で公開されている。

View this post on Instagram

What do we have here? ???? @vitorbelfort @miketyson

A post shared by ONE Championship (@onechampionship) on

両者ともそれぞれの競技で、史上最年少の世界チャンピオンになった経験がある。ベウフォートはONEで新たな挑戦を始めようとしており、タイソンも復帰が噂されている。こうした共通点を持つ2人の出会いは重要な瞬間だった。

ベウフォートは、19歳で総合格闘技プロデビュー。ヘビー級、ライトヘビー級、ミドル級など複数の階級で活躍し、数々のタイトルを手にしてきた。カーウソン・グレイシーにブラジリアン柔術の黒帯を授与されている。2019年3月にONEとの契約が公表された。

Read more: ONEアスリート版 #プッシュアップチャレンジ ⁉︎