ソーシャルメディア

ONEアスリート版 #プッシュアップチャレンジ ⁉︎

2020年5月22日

アライン・ンガラニ(香港)は、驚異の身体能力を駆使してONEチャンピオンシップの他のアスリートにチャレンジを仕掛けている。

最近、ンガラニは、ONEチャンピオンシップのSNSを通じて、一風変わった腕立て伏せを披露した。床で肘を曲げて低い姿勢になった後腕を伸ばす際に、跳び上がって高さ数十センチの椅子に着地し、そこで再び腕立て伏せ。そして再び床に跳び降りて腕立て伏せ、という一連の動作を繰り返している。

そして動画の最後に、ONEフェザー級世界王者のマーティン・ニューイェン(ベトナム/オーストラリア)、ビー・ニューイェン(米国)、リアム・ハリソン(イギリス)を名指しし、このハードモードのエクササイズに挑戦するよう呼び掛けたのだ。

「パスは認めない。どのくらいできるかやってみろ」と、語るンガラニは本当に真剣のようだ。

ビー・ニューイェンはこの挑戦に即座に答え、久しぶりにジムでトレーニングを再開した初日に、動画を撮影した。

「椅子ではできない」と、代わりにジムで使う円盤状のウエイトを2枚重ねて段差としたが、俊敏な動きを披露。最後はちょっとしたダンスを披露した。

これにはンガラニも驚いたようで、「最後のダンスするあたり、簡単にやってるように見える」と、コメントしている。

ヘビー級選手のンガラニに挑戦を突きつけられても、身長わずか150センチのビー・ニューイェンは決して引かずに、全力で挑んだ。この事実だけでも大きな勝利と言えるだろう。

マーティン・ニューイェンとリアム・ハリソンがこのチャレンジにどう答えるのかも今後注目してほしい。

Read more: ONEアスリートと#おうちで踊ろう