ニュース

【10/25大会】電撃ボクシング、ワン・ジュングァンが1RTKO勝ち

2019年10月28日

1025日(金)の「ONE:DAWN OF VALOR」で、ワン・ジュングァン(中国)は第1ラウンドで鮮やかなフィニッシュを決め、ONEスーパーシリーズでの今後への期待を高めた。

インドネシア・ジャカルタで、オランダのキックボクシング団体「Enfusion」の世界王者であるワンはプロキックボクシング団体の「World Kickboxing Network」の2階級世界王者フェデリコ・ローマ(アルゼンチン)59㎏キャッチウェイトで対戦。記憶に残る鮮烈なパフォーマンスで勝利を収めた。

Chinese kickboxing phenom Wang Junguang ???? KNOCKS OUT ???? Federico Roma in a dominant ONE Super Series debut!

Chinese kickboxing phenom Wang Junguang ???? KNOCKS OUT ???? Federico Roma in a dominant ONE Super Series debut!????: How to watch ???? bit.ly/ONEDAWNVALOR????: Book your hotel ???? hotelplanner.com????: Watch on the ONE Super App ???? bit.ly/ONESuperApp????: Shop Official Merchandise ???? bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Friday, 25 October 2019

序盤から激しく攻めるローマだが、派手な衣装を身にまとったワンはすぐに自分のリズムを掴み、鋭いパンチや蹴りを繰り出して優位に立った。

ローマは距離を詰めてプレッシャーをかけようと試みる。だが、ワンは相手のパンチが当たるのも構わず足を進め、逆に力強いパンチを直撃させた。

第1ラウンド中盤、ワンの胸への前蹴りでローマがマットに倒れる。これがワンにとってのブレイクスルーとなった。ローマは立ち上がるが、ワンはフックを連打。再度ローマはダウンした。この時点で、第1ラウンドは残り1分。

勝利をほぼ確信したワンだが、焦りはしなかった。我慢強くベストな機会を窺い、完璧な右パンチをカウンターで決め、ローマは背中から倒れ込んだ。

ローマは素晴らしい粘り強さを見せ、再度カウント前に立ち上がる。だが、ワンは勢いを緩めず、ガードを崩して力強い前蹴りを決めた。フェンスに背中を押し付けられたローマは猛烈なパンチの連打をまともに受け止めるしかなかった。

まったく反撃できないローマを見て、レフェリーの大成敦は割って入りストップをかけた。第1ラウンド2分59秒でのことだった。

Wang Junguang celebrates his win against Federico Roma at ONE DAWN OF VALOR

24歳のワンは、これまでのキャリアで最高の勝利を手にした。ファンは、今後、この才能豊かな中国人ストライカーのONEスーパーシリーズでの活躍を胸を躍らせて待ち望むに違いない。