ニュース

【7/31大会】ロッタン「ペッダム戦、クレイジーな戦いに」

2020年7月14日

ロッタン・ジットムアンノン(タイ)は、ONEチャンピオンシップの舞台で、ONEフライ級ムエタイ世界タイトルを防衛することに闘志を燃やしている。

ロッタンは7月31日(金)にタイ・バンコクで開かれる無観客大会「ONE:NO SURRENDER」のメインイベントで、仇敵でタイの同胞ペッダム・ペッティンディーアカデミーの挑戦を受ける。

ロッタンにとって、ONEが5ヶ月ぶりに開く大会に出場することは、この大会をさらに特別なものにするだろう。

「ファンはムエタイの大会が再開されるのを待っていた。そして今、ONEチャンピオンシップは注目すべき素晴らしい対戦カードを発表した。誰もが見たがっている」と、22歳のロッタンは話す。

「自分たちはファイターとして、(最高の)パフォーマンスを見せなければならない。しっかりと報酬をもらっているから、それに報いる必要がある。これが自分たちの仕事であり、最も重要なことはファンの心をつかむことだ」

ロッタンはもちろんそうするつもりだ。特にバンコクのスタジアムで戦っていた頃からの長年のライバルと、メジャー大会の舞台で競い合うのだから。

ロッタンが最初にペッダムと対戦したのは2017年5月、歴史的なラジャダムナンスタジアムで行われた、ペッティンディー・プロモーションの大会だった。

この試合、5ラウンドの攻防の後、ユナニマス判定で勝利を挙げたのはペッダムだった。

「初対戦で負けた時、自分は休暇の後にバンコクに戻って来たところだった」

「 カイムッカオ・ポー・カイラングルンガマイと131ポンドで戦って、その次の試合が126ポンドでのペッダム戦だった。減量が難しく、体もまだ安定していなかった。終盤は力が出なかった。それが自分が負けた理由だ」



だがロッタンは、リベンジに燃えた。

2018年2月に、同じ会場で開かれたジットムアンノン・プロモーションの大会で、ロッタンは心機一転、ペッダムとの再戦に臨んだ。

2人のムエタイ戦士はここでも5ラウンドを戦い、今回は強打のロッタンが打撃でペッダムをぐらつかせると、ペッダムは完全には回復することができなかった。

「2度目の戦いでは、全力を尽くすことができた。戦い続け、動き続けた。ペッダムにとっては非常にはっきりとした敗北だったし、弱点を露呈させていた」

「ONE:A NEW TOMORROW」でのロッタン・ジットムアンノン

両者の戦いは1勝1敗となったが、ラバーマッチがすぐに開かれることはなかった。共にONEチャンピオンシップと契約し、そこから別々の道を歩み始めたからだ。

ロッタンは2018年9月にONEに参戦して以降、無敵だ。5連勝を飾って2019年8月、ONEフライ級世界タイトルを獲得した。

さらに2勝を挙げ、ONEの打撃部門、ONEスーパーシリーズで最も人気のある人物の1人になった。

一方のペッダムは、2018年7月にONEに参戦。3試合連続で劇的な勝利を収めると、2019年5月、初代ONEフライ級キックボクシング世界タイトル戦に勝ってベルトを獲得した。

その3ヶ月後、イリアス・エナッシ(オランダ/モロッコ)に破れてベルトを失ったが、2020年1月にムエタイマッチでMOMOTAROを倒し、ロッタンへの挑戦権を獲得した。

ONEフライ級ムエタイ世界王者チャンピオンのロッタン・ジットムアンノンがジョナサン・ハガティーの腹部を攻撃

どちらのアスリートも大一番の対決に向けて準備を進めているが、準備の状況はいつもと少し異なった。

ロッタンは通常、バンコクの格闘技ジム「ジットムアンノンジム」でトレーニングしているが、今回は別のジムで多くの時間を過ごした。

コロナウイルスの影響でタイは封鎖され、ロッタンは交際中のONEアトム級ムエタイ世界王者のスタンプ・フェアテックス(タイ)とその家族と共に、ラヨーン県で過ごした。

その後、タイで規制が緩和され始めると、ロッタンはパタヤの格闘技ジム「フェアテックス・トレーニング・センター」で、スタンプと共に試合に復帰する準備を始めた。

「数ヶ月間、フェアテックスで総合格闘技とムエタイの両方をトレーニングした」

「自分の体は100パーセントだ。シア・バンジョン(英語名:フィリップ・ウォン、フェアテックスの創設者兼会長)が見てチェックしてくれる。彼は自分が、他の人の手本になれると思ってくれている」

ONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのロッタン・ジットムアンノンが、タイトル獲得を感謝する

「ONE:NO SURRENDER」まであと数週間と迫っており、ロッタンはペッダムからベルトを守り、長きに渡るライバル関係に終止符を打つことに、完璧に集中している。

ロッタンは非常に勢いに乗っており、タイの同胞ペッダムとムエタイの対決に臨むことを楽しみにしている。彼はただ、ペッダムが激しい打ち合いに応じ、見応えのある試合にすることを望んでいる。

「ペッダムはキックボクシングの防衛戦でノックアウトで敗れ、その後ONEでの直近の試合で勝って自信を取り戻した。何も心配する必要はない。この戦いは楽しくなると思う」

「懸念していることが1つあるとすれば、彼が後ろに下がり、打ち合いを避けないかということだ。ただ待って蹴るだけかもしれない。自分はこの戦いをクレイジーにしたいし、この大会最高の試合にしたい。向こうがポイントを集めて勝ちたいだけなら、自分は前に出て追いかけ、自分のやり方でやる」

Read more: 【7/31大会】ペッダム「ロッタン戦、勝利を確信」

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。