ニュース

新型コロナ対策、ONEが医療従事者に支援の手

2020年3月30日

新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界中で影響が広がっている。

その状況下、ONEチャンピオンシップは、支援の手を差し伸べている。

「震源地」である湖北省武漢市で2月から、医療従事者を支援していた。

ONEは「天門市新冠肺炎疫情防控指揮部(天門市新型コロナウィルス肺炎流行予防統制本部)」に4トンの医療物資を寄付し、湖北省の慈善団体や地元の流通業者に感謝された。

武漢市の状況は回復しつつあるが、ONEは現在、影響下にある他の国・地域にも支援を拡大している。

対象は、感染拡大防止のために行動制限などの措置が取られているインドネシア、マレーシア、タイ、インドなどのアジアの国・地域だ。

ONEチャンピオンシップのハリ・ビジャヤラジャン最高商務責任者(CCO)は以下のように述べた。

「ONEチャンピオンシップでの我々の使命は、とても恵まれたことに、希望、強さ、夢、そしてインスピレーションで世界を刺激すること。この使命に忠実に従い、新型コロナウイルスと戦う“戦士”としての医療従事者が最前線で活躍するための支援をしたい」

「他人の命を救うために、自身の命をかけて働く勇気ある人々に敬意を表したい。これは、尊敬、勇気、規律、そして思いやりの行為であり、これらはONEでも体現しようとしている価値観だ。少しの貢献かもしれないが、最も必要としている個人や家族に、ケアが行き届くように願っている」

ONE Championship sends medical supplies to Wuhan, China

医療品を感染地域に届ける支援を行うONEの積極的な取り組みに加えて、所属する世界クラスのアスリートたちも、支援や励ましの輪を広げている。

ONEヘビー級世界チャピオンのブランドン・ベラ(フィリピン)、2階級ONE世界王者のアウンラ・ンサン (ミャンマー)、ONEフェザー級世界チャンピオンのマーティン・ニューイェン(ベトナム/オーストラリア)、フィリピンの名門ジム「チーム・ラカイ」の所属選手らは、ソーシャルメディアを通じて「#StayHome(外出を控えて、家にいて)」と呼びかけ、家にいてもできるトレーニング方法をシェアするなど、ファンに向けた情報を発信している。

ベラは最前線の医療従事者の役割を「驚くべき仕事」として賞賛し、政府の規制を守るよう呼びかけた。

Just a short message for all of us. (Yes myself included)

Just a short message for all of us. (Yes myself included) I read something recently…… we might have different views, rivers and mountains, but we all share the same sun, moon and air. We are all ONE. .We’ll get thru this together. #Panic is fake, #Virus is real

Posted by Brandon Vera on Thursday, March 19, 2020

ONEは、商業パートナーや、NGOのパートナーと共に、新型コロナによって影響を受けた人々を支援するための革新的な方法を検討するため、今後も協力を続ける。

ビジャヤラジャン最高商務責任者(CCO)は「新型コロナ感染症は、100年に1度の減少であり、家族や中小企業、国々に壊滅的な影響をアが得ている」と話す。

「アジア最大のグローバルスポーツメディアプロパティであり、何百万人もの人々、特にZ世代とミレニアル世代に影響を与えるという責任があるため、引っ張っていく必要がある」

「特にこうした厳しい状況の中では、他の人々にも同じように振る舞ってもらうため、そして社会の発展と幸福に貢献するために、自分たちの役割を果たさなければならない。自分たちは、善のための力となりたい。人々をONE(ひとつ)にしたい」