ニュース

デ・リダー「ブラーを簡単にテイクダウンする」

2021年7月4日

最近総合格闘技界は、ライニアー・デ・リダー(オランダ)の話題でもちきりだが、デ・リダー自身はその評判通りの活躍を遂げたいと考えている。

アウンラ・ンサン(ミャンマー)に2度勝利し、ONEのミドル級とライトヘビー級の2階級世界チャンピオンになったデ・リダーは、新たな目標に照準を合わせている。

「試合をするのを楽しみにしている。待ちぼうけているのは嫌だから、3ヵ月ごとに試合を組んでほしい」と、デ・リダーは話している。

独占インタビューでデ・リダーが、アウンラ・ンサンとのライバル関係の解消や、タイトルを狙うトップコンテンダー、そしてONEヘビー級世界王座への挑戦、といったテーマについて語った。

ONEチャンピオンシップ: 「ONE on TNT IV」でアウンラ・ンサンを相手に2度目の勝利を収めた感想は?

ライニアー・デ・リダー: 結果には満足しているし、6日前参戦で2本目のベルトを獲得できて嬉しいし、チャンスを逃さずに出場したことにも満足している。だが、彼をフィニッシュすることもできたはずだ。特に第2ラウンドは、彼を仕留められる可能性があったし、仕留めるべきだったと思う。だが、こういうことは起こり得るし、次の対戦相手はフィニッシュするつもりだ。

ONE: 第1ラウンド序盤でアウンラ・ンサンからダウンを奪い、背中を取った時には歴史が繰り返されるかと思った。その時は試合は終わったと思っていた?

デ・リダー: ほぼバックは捉えていたが、グリップが雑だった。いつもより調子が悪く、力が入らなかったが、初めて5ラウンドまで行ってよかった。全体的には満足だ。

ONE:対戦前は、調子も体調もいいと満足しているようだった。それは口先だけじゃなく、本当に自信があったのか?

デ・リダー: とてもいい感じだった 準備はできていたが、精神的な準備の時間も大切だ。オファーを受けたのが6日前で、飛行機に乗ったのが5日前、現地に着いたのが4日前だったので、アウンラとリマッチのための調整が2、3日だけあった。

正直に言うと、彼との再戦はそれほど楽しみにしていなかった。初回(2020年10月)よりも良い結果を出すのは非常に難しいし、このインタビューの後にはこのことについて2度と触れなくて済むようになるだろう。すごくよかった。彼のことを尊敬しているが。いい試合を2試合して、もうおしまいだ。

Pictures from the fight between Aung La N Sang and Reinier De Ridder at "ONE on TNT IV"

ONE: ミドル級のコンテンダーとの試合を振り返ってみると、レアンドロ・アタイデスフルラウンドの接戦を繰り広げた。彼との再戦についてはどう思うか?

デ・リダー: 彼は素晴らしい対戦相手だと思う。彼のスタイルはとても強く、爆発力があり、とても危険だし、彼と再戦できたら嬉しい。彼は、自分が唯一フィニッシュできなかった相手だから、是非とももう1度やりたい。

彼は素晴らしいファイターであり、グッドガイだ。前回の試合の後、自分のジムにも来てくれた。彼は相応しい奴で、自分と3ラウンド戦った唯一の選手だ。

ONE: 対戦後にジムで練習した気分は?

デ・リダー: とてもクールだった。彼はとても謙虚でナイスガイだ。彼とタフなラウンドを戦えたことはとても良かったので、これからもジムで対戦できたらって思う。(ONEのケージ)「サークル」でももっとラウンドを重ねたいね。



ONE: 他の注目すべきコンテンダーは、ビタリー・ビグダシュだと思うが、彼についてはどう思う?

デ・リダー: 彼はいつも試合をキャンセルしてないか? 彼は以前自分との試合を辞退したことがある。アウンラとの試合も何度か中止になっているし。彼は精力的に活動中ってわけじゃない。彼のことは相応しいとは思わない。でも、組まれたらやるよ。

ONE: ファン・ロンはどうか? ONEデビュー戦で彼を倒したが、その後彼は連勝している。

デ・リダー: ああ、彼の最後の試合はADCCチャンピオンで世界有数のグラップラーのユーリ・シモエスが相手だったな。そして、よく対応していた。彼はテイクダウン・ディフェンスがとても上手で、グラップリングも鋭く見えた。ファンは素晴らしいファイターだよ。

ONE: 前回の勝利の後で、ブランドン・ベラ に対戦呼びかけをした。その後アルジャン・ブラーがベラを倒して、ONEヘビー級世界王座を獲得した。2人とも対戦について話しているが、次の目標はそこか?

デ・リダー: 歴史を作るチャンスであり本当にやりたいと思っている。アルジャンはネットではやりたいと言っているが、ネットの外ではそんなに興味はないようだ。だから、当分の間は実現しないと思う。いつか誰かが彼を倒すかもしれないし、彼が興味を示さなければ、自分は次のチャンピオンと戦うことになるだろう。

Pictures from the fight between Aung La N Sang and Reinier De Ridder at "ONE on TNT IV"

ONE: ブラーは、ライトヘビー級に階級を落として逆にベルトを奪ってやると話していた。その階級でやりたいと思っている?

デ・リダー: ああ、いいんじゃないか? ベルトのことだけじゃない。自分がこの界隈で、そして地上で最強の男であると知ることは、それだけでクールなことだからね。

ONE: 彼のレスリングとの対戦はどうなると思う?

デ・リダー: 自分は彼を簡単にテイクダウンするだろう。彼のレスリングはまあまあだけど、「サークル」に登場した最強のレスラーってわけじゃない。彼はいい選手だし、レスリングもまあまあだが、特別じゃないんだ。

ONE: ブラーはあなたのテイクダウンやグラップリングについて「ゴミ」と話していたが?

デ・リダー: ああ、自画自賛してたね。「自分は、アウンじゃないから」って。まあ、どうなるか見てみよう。

Read more: ONEアスリートが語る2階級王者デ・リダー

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。