ニュース

【12/18大会】ONE: COLLISION COURSE – クリークリャが初防衛

2020年12月18日

ONEチャンピオンシップは2020年最後のライブイベントを行った。 

12月18日(金)、世界最大の格闘技団体ONEは「ONE: COLLISION COURSE」をシンガポール・インドア・スタジアムからお届けし、ONEスーパーシリーズの世界タイトルマッチ2試合を始め、総合格闘技4試合、計6試合が行われた。

メインイベントでは、ローマン・クリークリャ(ウクライナ)がアンドレイ・ストイカ(ルーマニア)を相手に、ONEヘビーライト級キックボクシング世界タイトルの初の防衛に成功した。

コーメインイベントでは、ONEバンタム級ムエタイ世界チャンピオンのノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)が、ONEバンタム級ムエタイトーナメント優勝者のロドレック・PK・センチャイムエタイジム(タイ)を相手に防衛戦に臨み、勝利した。

試合結果は以下の通り。

メインカード

ライトヘビー級 キックボクシング 世界タイトルマッチ
ローマン・クリークリャ“Mister KO”アンドレイ・ストイカ に、 ユナニマス判定で勝利

バンタム級 ムエタイ 世界タイトルマッチ
ノンオー・ガイヤーンハーダオロドレック・PK・センチャイ に3ラウンド1:13 、 ノックアウトで勝利

ライト級
“コブラ”マラット・ガフロフローウェン・タイナネス に、 スプリット判定で勝利

バンタム級
“Maestro”ユサップ・サーデュラエフ“Pretty Boy”トロイ・ウォーゼン に、 ユナニマス判定で勝利

フライ級
“Y2K”ヨッカイカー・フェアテックス“ザ・スウィーパー”和田 竜光 に、 スプリット判定で勝利

フライ級
“The Hunter”シェ・ウェイチャン・ロタナ に3ラウンド1:39 、 TKOで勝利

その他の結果

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。