ニュース

【10/13】DJ、マットでの攻防制しフライ級WGP頂点

2019年10月13日

DJことデメトリアス・ジョンソンがONEフライ級世界グランプリ(WGP)を制した。

10月13日(日)に東京・両国国技館で開催された「ONE:CENTURY 世紀」朝の部の「ONE: CENTURY PART I」でダニー・キンガッドと対戦したジョンソンは、序盤から卓越したパフォーマンスを見せ、ユナニマス判定で勝利を収めた。

???? ONE FLYWEIGHT WORLD GRAND PRIX CHAMPION ????

???? ONE FLYWEIGHT WORLD GRAND PRIX CHAMPION ????"Mighty Mouse" Johnson claims the inaugural tournament crown with an awesome performance against a game Danny Kingad!????: Check local listings for global broadcast details????: Watch on the ONE Super App ???? http://bit.ly/ONESuperApp????: Shop Official Merchandise ???? http://bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Saturday, October 12, 2019

戦前の発言通り、キンガッドは立ち上がりから果敢に攻めたが、ジョンソンが試合を掌握するまでに時間はかからなかった。テイクダウンを奪ったジョンソンは、深めのキムラ(腕がらみ)を狙うが、キンガッドがなんとか脱出に成功する。

第1ラウンドはジョンソンがトップポジションを取り続け、キンガッドが防戦一方という展開だった。

ジョンソンは、第2ラウンドに入ってアグレッシブさが増したものの、キンガッドの強烈な左フックを浴びてしまう。それでもグラウンドに引き込み、トップをキープして試合をコントロール。

Demetrious Johnson

異常なほどに高い身体能力を誇る33歳のジョンソンは、それ以降もグラウンドでペースを握んでパウンドを浴びせ続け、一瞬の隙をついてアームバーを試みる。

キンガッドもアームバーを狙ったものの、ジョンソンは焦らずに逃げ、2ラウンド終了までトップをキープし続けた。

ジョンソンは、積極的に動き続け、最終ラウンドはサイドポジションからキンガッドを攻め、肘と膝を当てていく。

Demetrious Johnson

最終ラウンドには、キンガッドも見せ場を作る。グラウンドから立ち上がることに成功すると、ジョンソンからテイクダウンを奪取。キンガッドにとっては、この試合唯一にして最後のテイクダウンとなり、攻防を制したジョンソンが優勢なポジションを取り返して終了のゴングが鳴り響いた。

結果は、ユナニマス判定でジョンソンの勝利。フライ級の世界王座に12度も就いたジョンソンの戦績は30勝3敗1分となり、ONEフライ級世界王者アドリアーノ・モラエスへの挑戦権を獲得した。