【11/19大会】ONE Fight Night 4、クリスチャン・リーがウェルター級王者アバゾフに挑戦

ChristianLee KiamrianAbbasov 1200X800

ONEライト級世界チャンピオンのクリスチャン・リー(シンガポール / 米国、24歳)が、さらなるタイトル獲得と歴史に名を残すチャンスを得た。

リーは、11月19日(土)の「ONE Fight Night 4」で、ONEウェルター級世界チャンピオンのキャムラン・アバゾフ(キルギス、29歳)に挑戦する。同大会は、米国のゴールデンタイムで生中継される。

この世界タイトルマッチでアバゾフからベルトを剥ぎ取れば、史上最年少のMMA2階級チャンピオンとなる。

Christian Lee is victorious at ONE 160

リーはフェザー級からライト級に転向して以来、破竹の勢いの活躍を見せてきた。

2019年5月に当時ONEライト級世界チャンピオンだった日本のMMAレジェンド・青木真也ノックアウトし、世界チャンピオンに。

この後、ONEライト級世界グランプリ決勝ではザイード・フセイン・アサラナリエフ(トルコ)を破って銀色のベルトを獲得。ユーリ・ ラピクス(モルドバ)とティモフィ・ナシューヒン(ロシア)をともに第1ラウンドTKOでフィニッシュし、2度防衛も果たした。

2021年9月にはオク・レユン(韓国)からタイトルを一時奪われ、その際の判定負けは議論を呼んだ。だが、今年8月のリマッチではオクをKO。世界チャンピオンに返り咲いた。

今回の試合では、姉の現アトム級女王のアンジェラに続き、階級を上げて2階級制覇に臨む。

対するアバゾフもウェルター級のアスリートを相手に次々と勝ち星を挙げてきた。

元ONE世界王座挑戦者のアギラン・ターニ(マレーシア)に一本勝ちし、日本の岡見勇信をノックアウト。そして2019年10月にはゼバスチャン・カデスタム(スウェーデン)からONEウェルター級世界タイトルを奪取した。

その後、当時無敗だったジェームス・ナカシマ(米国)を相手に第4ラウンドTKO勝利を挙げ、初防衛も果たした。

そして今年2月には、2階級制覇に挑戦。階級を上げてライニアー・デ・リダー(オランダ)のONEミドル級世界王座に挑戦したものの、アームトライアングル・チョークで一本負けを喫した。

11月19日の試合では、今度はリーがアバゾフと対決し、2階級制覇を目指す。

以前報じた通り、同大会で2つ目のONE世界タイトルを目指して戦うのはリーだけではない。コーメインイベントでは、ストロー級ムエタイ世界チャンピオンのジョセフ・ラシリ(イタリア / モロッコ)が、ONEフライ級ムエタイチャンピオンのロッタン・ジットムアンノン(タイ)挑戦し、2階級制覇を目指す。

「ONE Fight Night 4」に関する最新ニュースは今後もONE公式ホームページでお知らせする。

ニュースをもっと見る

TawanchaiPKSaenchai SmokinJoNattawut 1920X1280
Kongchai AkramHamidi 1920X1280
Itsuki Hirata Ayaka Miura ONE 165 11 scaled
Liam Harrison Muangthai ONE156 1920X1280 31
Linda Darrow Victoria Souza ONE Fight Night 7 1920X1280 41
MasaakiNoiri Champ 1200X800
OFF65 main event
Tawanchai PK Saenchai Jo Nattawut ONE Fight Night 15 14 scaled
Superlek Kiatmoo9 Rodtang Jitmuangnon ONE Friday Fights 34 55
Katsuki Kitano Halil Kutukcu ONE Friday Fights 38 27
Kade Ruotolo Francisco Lo ONE Fight Night 21 57
ParhamGheirati JordanGodtfredsen