特集

【12/18大会】ONE: COLLISION COURSE を見逃せない5つの理由

2020年12月17日

ONEチャンピオンシップは、2020年最後のライブイベントを前にギアを上げている。

12月18日(金)、世界最大の格闘技団体ONEは「ONE: COLLISION COURSE」をシンガポール・インドア・スタジアムで行う。

ONEスーパーシリーズの世界タイトルマッチ2試合と、爆発的な総合格闘技4試合が予定されている。

この記事では、このイベントが必見である理由5つを紹介する。

#1 クリークリャがついに防衛戦

ONE Light Heavyweight Kickboxing World Champion Roman Kryklia connects with a knee to the head

ローマン・クリークリャ(ウクライナ)にとって、今年はジェットコースターのような年だった。

クリークリャはこの4月、アンドレイ・ストイカ(ルーマニア)を相手にONEヘビーライト級キックボクシング世界タイトルを防衛する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックのため、ONEは多くのイベントを延期せざるを得なかった。

その後、クリークリャは今月始めの「ONE: BIG BANG」でムラト・アイグン(オランダ / トルコ)との防衛戦も予定された。だが、クリークリャ自身は検査では陰性だったが、陽性となった人物と接触していたため、隔離されて試合出場が叶わなかった

そしてついに今回、クリークリャは初めての世界タイトルの防衛戦を行えることになった。それももともと予定されていた相手のストイカと。

両者はヘビヒッター同士、合計して49のノックアウト勝利を挙げている。パンチにキック、ヒザを繰り出し合うスタイルを考慮すれば、50個目のノックアウトがシンガポールで目撃できるかもしれない。

#2 ムエタイバンタム級最強は誰?

Nong-O Gaiyanghadao prays with the belt

コーメインイベントも、激しいぶつかり合いが期待できる試合だ。

過去4ヶ月間、ファンはONEバンタム級ムエタイ世界王者ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)とONEバンタム級ムエタイトーナメント優勝者のロドレック・PK・センチャイムエタイジム(タイ)の対決を待ち望んでいた。

そしてついにこの金曜日、待望の対戦がシンガポールで行われる。

ノンオーは引退から復帰して、2018年4月に「ONEスーパーシリーズ」に参戦して以来、止められない強さを誇ってきた。ONEでは6連勝中。昨年は初代バンタム級ムエタイ王者に輝き、直近の試合では1位コンテンダーのセーマペッチ・フェアテックス(タイ)を倒した。

ノンオーは巧みなテクニック、危険な技、そしてハングリーさを有している。十分な休息の後、さらに意欲も高まっていることだろう。

一方のロドレックも決して侮れない。常に前に出て、ノックアウトを狙いに行く姿勢で知られており、3位コンテンダーのクラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ(タイ)を3ラウンドにわたって圧倒した試合の様子からも明らかだ。

才能あふれ、パワフルなバンタム級ムエタイファイター同士、スリルがあふれる試合になるに違いない。2020年の「ONEスーパーシリーズ」を締め括るのに、相応しいバトルになるだろう。



#3 タイナネスが久々に復帰

American MMA fighter Lowen Tynanes throws ground and pound in January 2019

ローウェン・タイナネス(米国)長年、ライト級のトップファイターの一人として注目されてきた。

元ONE世界タイトル挑戦者の安藤晃司や、元ライト級王者のエドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)といった強敵を倒し、10勝0敗という完璧なプロ戦績を築き上げた。

タイナネスは世界タイトル挑戦に向けて歩みを続けてきたが、脊椎に強い痛みが生じる脊椎関節炎のために、長期戦線離脱を余儀なくされていた。

この症状により、昨年はタイナネスにとって苦しい年となった。2019年1月に元フェザー級王者のホノリオ・バナリオ(フィリピン)を倒した後、ONEライト級世界グランプリで、準々決勝まで進出したが、出場辞退をすることになったのだ。

そしてついに症状が改善したタイナネスは、ライト級ランキング5位から這い上がり、タイトルホルダーのクリスチャン・リー(シンガポール)と対戦を目指す。

だがその第一歩として、サブミッション・グラップリングの達人である元ONEフェザー級世界王者マラット・ガフロフ(ロシア)を倒さねばならない。

ガフロフは2階級世界王者を目指しており、タイナネスにキャリア初の黒星を与えようと、モチベーションを高くしているに違いない。

#4 バンタム級ランキングに変動あり?

Yusup Saadulaev fights Troy Worthen at ONE: COLLISION COURSE

タイナネス対ガフロフの他にも、米国対ロシアの試合が組まれている。

ダゲスタンのブラジリアン柔術黒帯でバンタム級3位のユサップ・サーデュラエフ(ロシア)と無敗の米国のレスラー、トロイ・ウォーゼンがぶつかり合う。

サーデュラエフは何年もONEバンタム級世界タイトルを狙っている。ONEのバンタム級マッチ5試合を含む、過去8戦中7勝している。

だが、ウォーゼンはサーデュラエフの勢いを、ひいては世界タイトルへの歩みを止めるチャンスがある。

ウォーゼンは総合格闘技に完璧にレスリングのスキルを融合させ、「Evolve MMA」で世界チャンピオンのインストラクターの指導の下、打撃の技術を磨いてきた。「サンフォードMMA」のヘンリ・ホーフトとのトレーニングを通じ、打撃はさらにレベルアップしている。

この金曜日、ランキングトップの座、そしてONEバンタム級世界王者ビビアーノ ・フェルナンデス(ブラジル)への挑戦権を狙う両者のぶつかり合いがみられるだろう。

#5 フライ級の激しいバトル

Cambodian MMA star Chan Rothana

フライ級総合格闘技は、この競技の中で最もエキサイティングな階級となっており、今週の金曜日には4人のアスリートがその評判に恥じないパフォーマンスを見せてくれるだろう。

日本のベテラン・和田竜光は、8月に華々しい2勝を挙げたムエタイチャンピオンのヨッカイカー・フェアテックス(タイ)と対戦。典型的なストライカー対グラップラーの戦いになるだろう。

さらに第1試合では、カンボジアのチャン・ロタナシェ・ウェイ(中国)と対戦。両者とも打撃を好むため、序盤から激しい戦いが見れるかもしれない。

Read more:【12/11大会】ONE: BIG BANG II のハイライト

Stay in the know

Take ONE Championship wherever you go! Sign up now to gain access to latest news, unlock special offers and get first access to the best seats to our live events.