• エドゥアルド・
  • フォラヤン

"Landslide"

身長
170 CM
体重制限
77.1 KG
出身
フィリピン
身長
170 CM
体重制限
77.1 KG
出身
フィリピン

紹介

エドゥアルド・フォラヤンは、フィリピン北部ルソン島のバギオ生まれ。5人の兄弟姉妹を病気で失うなど、極限の貧困の中で育った。読み書きができない両親は、貧困から脱するために、残った子供達に教育を受けさせるため学校に通わせた。そんな両親の負担を減らそうと、フォラヤンは、家計を支え格闘技に打ち込んだ。

バギオのコルディレラ大学に奨学金をもらって進学し、フィリピンのウーシュー代表チーム入り。数々の金メダルを獲得し、国のヒーローに。その後、総合格闘技に転向した。フィリピンの名門ジム「チーム・ラカイ(Team Lakay)」の名コーチであるマーク・サンジャオの指導を受け、2007年6月のデビュー戦で、フィリピンのウェルター級選手権で優勝。シンガポールの団体「Martial Combat」に参戦してスターとなった。

2011年9月にONEチャンピオンシップの第1回大会のメインイベントに登場。2016年11月、シンガポールで行われた「 ONE:DEFENDING HONOR 」で、青木真也をノックアウト勝ちで破り、ライト級世界タイトルを奪取。エブ・ティンを相手に防衛も遂げ、子供時代からのヒーローであったフィリピンのプロボクサー、マニー・パッキャオより「フィリピンの総合格闘技界のレジェンドの1人」と称された。