【3/1大会】初のカタール大会「ONE 166: Qatar」を見るべき5つの理由

Reinier De Ridder Vitaly Bigdash ONE159 1920X1280 57

ONEチャンピオンシップは団体初となるカタール大会「ONE 166: Qatar」を3月1日(金)、同国のルサイル・スポーツ・アリーナで開催する。

この大会ではONE史上最大級のエキサイティングなカードが組まれている。

https://www.instagram.com/p/C3ww2APoIWt/?utm_source=ig_web_copy_link&igsh=MzRlODBiNWFlZA==

世界タイトルマッチ3試合をはじめ、世界的なスター級格闘家や中東の注目株が出場する計10試合が予定されており、いずれもドラマとアクション満載の戦いになること間違いなし。

この記事では、今週末に迫った「ONE 166」を見るべき理由5つを紹介する。

#1 マリキンが前人未到の偉業に挑む

メインイベントでは、現ONEライトヘビー級とヘビー級MMA世界王者アナトリー・マリキン(ロシア)が、ライニアー・デ・リダー(オランダ)の有するONEミドル級MMA世界タイトルに挑戦。前人未到となる3階級での世界タイトル獲得を目指す。

2022年12月、マリキンはデ・リダーにMMAキャリア初となる黒星を付け、ライトヘビー級のベルトをはぎ取った。

そして2023年6月には、マリキンはアルジャン・ブラー(インド)からONEヘビー級MMA世界タイトルも奪取し、通算戦績13勝0敗とし、フィニッシュ率100%もキープしている。

この勢いのままデ・リダーからミドル級MMA世界タイトルも奪取し、3つの世界タイトルを獲得するという偉業達成なるか、必見だ。

#2 世界タイトルマッチの再戦が3試合

「ONE 166」では、メインイベントのマリキンとデ・リダーの待望の対決の他にも、2つの世界タイトルマッチの再戦が繰り広げられる。

まずは、ONEストロー級MMA世界王者のジャレッド・ブルックス(米国)による、前回の対決でタイトルを奪取した前王者のジョシュア・パシオ(フィリピン)を迎えての防衛戦。

パシオは強豪がひしめくストロー級で長年タイトルを保持していたが、2022年12月にブルックスに判定負けを喫して王座から陥落。だが2023年10月にはマンスール・マラチエフ(ロシア)に判定勝ちとし、ベルト奪還へのステップを着実に積み重ねてきた。

対するブルックスは爆発的なレスリング技術と一級のファイトIQの持ち主として知られる強敵。今回の戦いも激戦となることは間違いない。

さらに、ONEフェザー級MMA世界王座統一戦では、現王者のタン・カイ(中国)と暫定王者のタン・リー(ベトナム / 米国)が対戦。

両者は2022年8月に初対戦し、フルラウンドの戦いの末、タンがリーからベルトをはぎ取り、中国初の男子MMA世界チャンピオンとなった。

だがその後タンが欠場している間に、リーは2023年10月の「ONE Fight Night 15」でイリヤ・フレイマノフ(ロシア)に試合開始62秒で一本勝ちとして暫定王座を獲得した。

フィニッシャーと知られる両者だが、今回カタールではどちらの男が文句なしのONEフェザー級MMA世界チャンピオンとなって立ち去ることになるのだろうか。

#3 久々のONEでのボクシングマッチ

ONEチャンピオンシップで2018年以来となるボクシングの試合が行われる。

一時引退の意思を表明していたメディ・ザトゥー(アルジェリア)が久々に出場し、147ポンド・キャッチウェイト戦で無敗のズハイール・カハタニ(サウジアラビア)と対決する。

ザトゥーは、ボクシングでのデビュー戦を夢だと語っており、100戦以上のムエタイとキックボクシングで世界最高のストライカーたちと戦ってきたキャリアの素晴らしい締めくくりとなるだろう。

対するカハタニは中東ボクシング界のパイオニアとして知られており、今回の試合では地元ファンのために盛り上がるような戦いをすると約束している。

#4 中東のタレントが勢揃い

「ONE 166」には、前出のカハタニに加え、中東の最高の格闘家が集結する。

久々に出場するアミル・アリアックバリ(イラン)は、元タイトルホルダーのブラーと対決。勝てば、ONEヘビー級MMA世界タイトル挑戦のチャンスに繋がる可能性もある一戦だ。

ONEで2度目の出場となる中東初の国際ブラジリアン柔術連盟(IBJJF)黒帯世界チャンピオンのオサマ・マルワーイ(イエメン)は、フライ級サブミッション・グラップリングマッチで、クレベル・ソウザ(ブラジル)と対戦する。

マルワーイは、中東のグラップリング界を牽引する存在であり、強敵のソウザに勝てればその評判はさらに固まるに違いない。

さらに、ONEデビューを迎えるザファー・シャイック(トルコ)は、キャッチウェイト(147.75ポンド)ムエタイマッチでウラジーミル・クズミン(ロシア)と対決。アラブのK-1王者のザカリア・ジャマリ(モロッコ)は、アリ・サルドエフ(ロシア)とフライ級ムエタイマッチで当たる。

#5 ONEの画期的カタール・デビュー

「ONE 166」は、ONEが初めてカタールで開催する大会。

格闘技人気が盛り上がっている中東にONEが進出することにより、カタールという国やその魅力について世界的な注目を集めることになるだろう。

昨年、ONEは団体初の米国大会を開催し大きな反響を引き起こしている。こうした経緯を考えれば、「ONE 166」に出場する選手全員が忘れられない戦いを繰り広げようと、最高のモチベーションで臨んでくることが期待される。

ムエタイをもっと見る

Tawanchai PK Saenchai Jo Nattawut ONE Fight Night 15 14 scaled
Katsuki Kitano Halil Kutukcu ONE Friday Fights 38 27
ParhamGheirati JordanGodtfredsen
JohanEstupinan 1200X800
Tawanchai PK Saenchai Jo Nattawut ONE Fight Night 15 19 scaled
Stamp Fairtex Ham Seo Hee ONE Fight Night 14 112 scaled
Yodphupa SonerSen Faceoff 1920X1280
Mongkolkaew ET 1920X1280
SmillaSundell NataliaDiachkova Faceoff 1920X1280
Petsukumvit Duangsompong
Smilla Sundell Allycia Hellen Rodrigues ONE Fight Night 14 55 scaled
Suriyanlek Rittidet 1920X1280