【7/6大会】ONE Fight Night 23: Ok vs. Rasulov を見るべき5つの理由

Ok Rae Yoon Lowen Tynanes ONE Fight Night 10 68

世界最大の格闘技団体ONEチャンピオンシップは7月6日(土)、“ムエタイの聖地”タイ・バンコクのルンピニー・スタジアムで選りすぐりのファイターと魅力的なマッチアップが満載の大会「ONE Fight Night 23: Ok vs. Rasulov」を開催する。

メインイベントのMMA暫定世界王座決定戦をはじめ、この大会を見るべき理由は多数あるが、この記事ではそのなかでも最も重要なものを5つ紹介する。

1:ライト級MMA暫定王者が誕生

メインイベントでは元王者のオク・レユン(韓国)と無敗のアリベック・ラスロフ(トルコ)がONEライト級MMA暫定世界王座を争う。

この一戦は、スタイル的にもエキサイティングなものになるだろう。

オクは多様なスキルを有する総合格闘家で、強力な打撃が強み。

元フェザー級MMA王者のマラット・ガフロフ(ロシア)やエディ・アルバレス(米国)、現ONEライト級MMA世界チャンピオンのクリスチャン・リー(シンガポール / 米国)といった相手に印象的な勝利を収め、世界有数のライト級ファイターとしての地位を確立した。

対するラスロフは今回がONEデビュー戦。14勝0敗という輝かしいプロ戦績の持ち主で、レスリングとグラップリングの強豪。元世界王者のオクを倒すための技術と驚異的な運動能力を有している。

2:必見のグラップリングマッチ

メインイベントの前には、サブミッション・グラップリング界で最も才能あふれる2人の若き天才、現ONEウェルター級サブミッション・グラップリング世界王者のタイ・ルオトロ(米国)と19歳のジョゼフ・チャン(南アフリカ)がキャッチウェイト(186ポンド)マッチで激突する。

ブラジリアン柔術界も注視する熱い戦いになることだろう。

ルオトロはONEでこれまで無敗をキープしており、世界有数の選手として広く知られる。その爆発的で独創的なサブミッションを狙いにいく戦いぶりを武器に、テクニシャンとして知られるチャンとの戦いに臨む。

現代的でバランスの取れたアプローチをしてくるチェンとの対戦は、ルオトロにとってこれまでのONEの戦いのなかでおそらく一番の試練となるだろう。

3:バンタム級ムエタイのトップ5が激突

バンタム級ムエタイマッチでは1位コンテンダーのニコ・カリロ(スコットランド)がONEでの無敗記録キープをかけて、4位のセーマペッチ・フェアテックス(タイ)と対戦する。

この一戦はタレント揃いの同部門で重要な意味を持つ。現役王者のジョナサン・ハガティー(英国)は9月の「ONE 168: Denver」でスーパーレック・キアトモー9(タイ)の挑戦を受けることになっているが、カリロ対セーマペッチの勝者がこの次のタイトルマッチの挑戦者になる可能性もあるためだ。

カリロはONEで急激に台頭。強豪選手を相手にノックアウトで3連勝としてランキングトップに躍り出た。

対するセーマペッチは強力なパンチの持ち主で、カリロをトップの座から引きずり下ろしたいとハングリーになっている。退屈な戦い方は知らないこのファイターはリング中央で相手を迎え、どちらかが倒れるまで打撃の応戦を繰り広げてくれることだろう。

4:ルーク・リッシ、“シェフ”の腕前は?

“シェフ”のリングネームを有するルーク・リッシ(米国)は、フェザー級ムエタイマッチでバムパラ・クヤテ(フランス)と対戦する。

リッシはONEではまだ2戦しか出場していないが、同部門の5位コンテンダーとなり、この競技でも有数の革新的でエンターテイメント性のあるファイターとして知られるようになった。今回の試合ではONEで初のノックアウトを狙いたいところだが、リングネーム通りにうまく“料理”できるだろうか?

対するクヤテは楽勝の相手ではない。元世界ムエタイ評議会(WMC)欧州王者で、フランス国内のムエタイ王者でもあるクヤテは187センチと長身。この試合ではユニークなスタイルを披露してくれることだろう。

5:ムエタイ界のタレントが大集結

今回の大会には、毎週金曜日恒例のルンピニー大会「ONE Friday Fights」シリーズで活躍してきたムエタイ界の衝撃的なタレントが多数出場する。

オープニングを飾るバンタム級ムエタイマッチでは、アレクセイ・バリカ(ロシア)とステファン・コロディ(アイルランド)が対戦する。

ストロー級ムエタイマッチでは、これまでONEで4勝1敗としているアリーフ・ソー・デチャパン(タイ / マレーシア)が、24歳のエリス・バルボーサ(英国)と対戦。そのワイルドでエキサイティングな戦いぶりを今回も見せてくれるか。

また、フライ級マッチでは3連勝を目指すブラック・パンサー(タイ)が、アリ・サルドエフ(ロシア)と対戦する。

ブラック・パンサーは一級のテクニシャンだが、ONEではまだノックアウト勝利を挙げておらず、「ONE Fight Night 23」のバンコクの大観衆の前で決めたいと意気込んでいることだろう。

サブミッション・グラップリングをもっと見る

Mayssa Bastos Kanae Yamada ONE Fight Night 20 25
OkRaeYoon AlibegRasulov 1920X1280 1200x800
JozefChen 1200X800
Ok Rae Yoon Lowen Tynanes ONE Fight Night 10 68
TawanchaiPKSaenchai SmokinJoNattawut 1920X1280
Tawanchai PK Saenchai Superbon Singha Mawynn ONE Friday Fights 46 48 scaled
ParhamGheirati JordanGodtfredsen
SmillaSundell NataliaDiachkova Faceoff 1920X1280
Bianca Basilio Tammi Musumeci ONE Fight Night 8 12
Smilla Sundell Allycia Hellen Rodrigues ONE Fight Night 14 55 scaled
Suriyanlek Rittidet 1920X1280
Milena Sakumoto Bianca Basilio ONE163 1920X1280 42