【4/6大会】ONE Fight Night 21: Eersel vs. Nicolasを見るべき5つの理由

Regian Eersel Dmitry Menshikov ONE Fight Night 11 64

世界最大の格闘技団体ONEチャンピオンシップは今週末、タイ・バンコクのルンピニー・スタジアムで有名選手が多数出場する大会を2日連続で開催する。

まずは4月5日(金)の「ONE Friday Fights 58: Superbon vs. Grigorian II」。そして4月6日(土)の日本時間の朝には、世界タイトルマッチ2戦が目玉を飾り、4競技にわたる試合が繰り広げられる「ONE Fight Night 21: Eersel vs. Nicolas」が行われる。

「ONE Fight Night 21」は、オープニングからメインイベントまで、一瞬たりとも見逃せないビッグイベント。

この記事では、同大会を見るべき5つの理由を紹介する。

#1 連勝キープがかかった世界戦

同大会のメインイベントでは2競技王者のレギン・アーセル(スリナム)が、ここまで無敗としているアレクシ・ニコラ(フランス)を迎え、ONEライト級キックボクシング世界タイトル防衛に臨む。

この一戦は驚異的な連勝数をキープしているアスリート同士の戦い。

アーセルは世界屈指の才能あふれるファイターとされており、ONEではキックボクシングのタイトルをこれまでに4度防衛し、2016年から22連勝中。今回の試合ではベルトの防衛に加え、ニコラにプロ初の黒星を付けることを狙う。

挑戦者のニコラは、通算戦績23勝0敗で、欧州トップのライト級キックボクサーとして確固たる地位を築き、今年1月にONEで白星デビューを飾った。

今回の世界タイトルがかかった試合では、いずれかの選手の連勝記録に終止符が打たれることになる。

#2 ルオトロ兄弟に一番の試練

ケイドタイのルオトロ兄弟は、ONEで2022年12月以来となる兄弟同一大会出場。2人とも対戦相手は強敵で、過去最大の試練に臨むことになる。

現ONEライト級サブミッション・グラップリング世界チャンピオンのケイドは、ブラジリアン柔術黒帯のフランシスコ・ロー(ブラジル)と、キャッチウェイト(180ポンド)マッチで対戦する。

ローは国際ブラジリアン柔術連盟(IBJJF)ノーギのパン・アメリカン選手権を制しており、どんなアスリートでもタップアウトさせる革新的なサブミッション・ハンターとして知られる。

さらに、タイはONEウェルター級サブミッション・グラップリング世界王座の初防衛戦に臨む。

挑戦者のアイザック・ミシェル(オーストラリア)は、世界トップクラスのレッグロックやバックテイク、ガードパスの技術の持ち主で、タイを王座から陥落させるに十分な資質を有している。

#3 フライ級上位ストライカーが集結

「ONE Fight Night 21」には、フライ級ストライカーの上位ランカーが多数出場する。

同級キックボクシング3位コンテンダーの内藤大樹は、21歳の同級ムエタイ3位のデッドゥアンレック・ティーデ99(タイ)と、キックボクシングマッチで対戦する。両者は2023年7月にムエタイマッチで激突しており、その際はデッドゥアンレックがボディ攻撃で圧倒し、ユナニマス判定で勝った。

今回の試合では、デッドゥアンレックは前回の勝利はまぐれではなかったと証明し、キックボクシングでも内藤を相手に2勝目を挙げたいと燃えている。

さらに同級ムエタイ2位のジェイコブ・スミス(英国)は、デニス・ピューリック(カナダ / ボスニア・ヘルツェゴビナ)とムエタイマッチで対決。両者とも直近の試合ではKO勝ちとしており、この勢いを維持したまま、この一戦を世界タイトル挑戦へのステップとしたいところ。

さらに、両者とも強烈な打ち合いを好むタイプとあり、どちらか一方が崩れ落ちるまで激戦が繰り広げられることだろう。

#4 無敗のヘビー級の“怪物”がONE2戦目

MMAで指折りの新星でここまで無敗としているベン・タイナン(カナダ)がONEで2度目の出場を果たす。ヘビー級MMAマッチで対するは、超絶スキルの持ち主として知られるデューク・ディディエ(オーストラリア)。

タイナンはレスリングがバックボーンで、そのグラウンド・アンド・パウンドはおそらくこの階級で“最恐”。昨年11月にONEデビューを果たし、前評判通りの戦いぶりでKOアーティストのカン・ジウォン(韓国)に一本勝ちとした。

対するディディエは、柔道とブラジリアン柔術黒帯で、サブミッションのスペシャリスト。

こうした相手のグラップリングのバックボーンを考慮し、タイナンは今回の試合では進化し続ける打撃を披露してパフォーマンス・ボーナスを獲得できるようなKO勝ちをしたい、と宣言している。

もしそれが実現すれば、王者のアナトリー・マリキン(ロシア)など、ヘビー級MMA部門の他の選手たちから注目を浴びることになるだろう。

#5 無敗キープ狙うスーブラック

タレントがひしめくバンタム級ムエタイ部門で快進撃を続けるスーブラック・トー・プラン49(タイ)は、登竜門大会「Road to ONE」優勝者のウラジーミル・クズミン(ロシア)と対戦する。

スーブラックは、昨年6月にデビューして以来ONEで5勝0敗(4KO)としており、そのオールラウンドなスキルとフィニッシュへの本能が評価されている。

対するクズミンはONEで連勝中で、絶好調の様子。

スーブラックが現在の勢いをキープしてランキング入りを果たしたいのであれば、今回の試合では決して負けるわけにはいかない。

特集をもっと見る

WeiRui 1200X800
Nanami Ichikawa
WeiRui 1200X800
Jake Peacock posing at PK Saenchai Muaythaigym
Regian Eersel Dmitry Menshikov ONE Fight Night 11 64
Marat Grigorian Sitthichai Sitsongpeenong ONE 165 23 scaled
Francisco Lo
Izaak Michell ONE Championship
Mayssa Bastos2
Amber Kitchen Jackie Buntan ONE on Prime Video 5 1920X1280 81
Allycia Hellen Rodrigues Janet Todd ONE Fight Night 8 85
Reinier De Ridder Vitaly Bigdash ONE159 1920X1280 57