キックボクシング

キック世界王者のジョネイ・リスコがONEに参戦へ

2020年5月19日

スペインのジョネイ・リスコがONEスーパーシリーズのフェザー級キックボクシングのに加わることになった。

多くのアスリートが加わり急激な拡大を遂げるONEチャンピオンシップの同階級は、例を見ないほどタレント揃いになっている。

リスコは、最近ONEと契約したシッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)、タイフン・オズカン(トルコ)、スーパーボン(タイ)、ダビッド・キリア(ジョージア)、ジョン・ウェイン・パー(オーストラリア)らがひしめくフェザー級に参戦することになる。

リスコは、70キロ級と 72.5キロ級で出場し、 エンフュージョン、国際競技空手協会(ISKA)、世界フルコンタクト協会(WFCA)で世界タイトルを獲得してきたストライカー。



これまでに、タイのレジェンドのブアカーオ・ポー.プラムックや、オランダのアンディ・サワーなどの強敵を倒してきた。

運動量の高さや、パンチの早さ、正確なローキックなどには定評があり、世界最大の格闘技団体であるONEでもファンの前でノンストップの戦いを見せてくれるだろう。

リスコのデビュー戦の対戦相手は、ONEフェザー級キックボクシング世界グランプリチャンピオンのジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)や、ヨドサンクライ・IWE・フェアテックス(タイ)、サミー・サナ(フランス / アルジェリア)、エンリコ・ケール(ドイツ)、ジャマール・ユスポフ(ロシア)らが想定される。

ONEの舞台に登場する日付は決まっていないが、2020年の大会が再開されれば、ONE初のスペイン人選手としてエキサイティングな戦いぶりを見せてくれるだろう。

Read more: キック界のスーパースター、イスマエル・ロントがONEと契約