ニュース

【10/13大会】ペトロシアンがキックWGP優勝、1億円獲得

2019年10月15日

ONEフェザー級キックボクシング世界グランプリ(WGP)決勝は、ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)が、サミー・サナ(フランス/アルジェリア)をユナニマス判定で下し優勝した。

10月13日(日)の「ONE:CENTURY 世紀」の第2部「ONE:CENTURY PART II」で、ペトロシアン は改めて地上最強のキックボクサーとしての実力を証明した。

???? THE GREATEST OF ALL TIME ????

???? THE GREATEST OF ALL TIME ????Giorgio Petrosyan defeats Samy Sana via unanimous decision to claim the ONE Featherweight Kickboxing World Grand Prix Championship and US$1 million! ????????: Check local listings for global broadcast details????: Watch on the ONE Super App ???? http://bit.ly/ONESuperApp????: Shop Official Merchandise ???? http://bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Sunday, 13 October 2019

ペトロシアンは、リーチの長いサナと蹴りの応酬で試合をスタートすると、第1ラウンド中盤あたりからトレードマークの右フック、左ストレートのコンビネーションで主導権をつかんだ。

サナのローブローにより一時中断したものの、再開後もペトロシアンがパンチを主体にプレッシャーを強めていく展開が続く。

第2ラウンドに入るとペトロシアンはさらにリスクを冒して前に出て、この試合最高のショットをお見舞いする。キックボクシング世界王座に5度も就いたペトロシアンは、流れるような動きで打撃をかわしてサナをいら立たせると、フックとアッパーのコンビネーションを強烈にヒットさせたのだ。

Giorgio Petrosyan attacks Samy Sana At ONE CENTURY PART II

パンチとキックを織り交ぜた5連打を浴びせたペトロシアンに対し、サナも決して引くことがなく、2ラウンド終盤に打撃を畳みかけてに東京・両国国技館に集まったファンを熱狂させた。

判定で後手に回っていることを理解していたサナは、最終ラウンド開始から逆転KOを狙って積極的に仕掛けた。

ところが、ペトロシアンは巧みにかわし、完璧なタイミングで左ストレートのカウンターを一閃。終盤にも強烈なミドルキックを2発当て、ユナニマス判定での勝利を決定づけた。

Giorgio Petrosyan wins the ONE Featherweight Kickboxing World Grand Prix Championship final against Samy Sana at ONE: CENTURY PART II

この勝利により、ペトロシアンの戦績は103勝2敗2分(無効試合2)となり、キックボクシング史上最高額の優勝賞金100万米ドル(約1億円)を獲得した。だがペトロシアンは、史上もっとも過酷なトーナメントを制したことの意義を強調している。

「100万ドルのことは頭になくて、自分がナンバーワンになれたことが重要なんだ」と、ペトロシアンは試合後に語っている。

「次の目標もこれまでと変わらない。一生懸命に練習して、タイトルを防衛してゆくだけだ」