ニュース

【9/6大会】20歳デルバール、ノンオー相手に番狂わせ狙う

2019年8月30日

アルジェリアのS1ムエタイ世界王者ブリース・デルバール(アルジェリア)は、キャリア史上最大の試練となる次戦で、歴史的な番狂わせを演出するつもりだ。

9月6日(金)にベトナム・ホーチミンで開かれる「ONE:IMMORTAL TRIUMPH」で、 ONEバンタム級ムエタイ世界王者ノンオー・ガイヤーンハーダオと対戦する。

デルバールはフランス・パリ出身の20歳。対戦相手はムエタイの伝説であり、彼が尊敬する選手でもある。

「相手はONEの世界チャンピオンで強敵だ。ONEシリーズでは負けていないし」

「ノンオーのタイでの戦歴はすごい。ルンピニースタジアムとラジャダムナンスタジアムの両方で世界王者になっているし、最高の選手たちと戦ってきた。彼と試合ができるのは光栄だ」

「特に後ろ蹴りとフックがいい。パワフルなボクサーだから、簡単には勝てないだろう。でもこのためにトレーニングを積んできたし、準備はできている」

デルバールが所属するジムはONEスーパーシリーズのスター、エリアス・マフムーディを輩出した「マフムーディジム」。さらにタイで1か月以上トレーニングに取り組み、スキルと自信を高めてきた。

デルバールは20歳という若さにもかかわらず、30勝5敗という輝かしい戦歴を誇る。コーチと二人三脚で取り組んできたトレーニングにより、新たな勝利、そして世界チャンピオンの座に届くと信じている。

ノンオーは強敵であり、ノックアウト勝ちへの意欲を表明している。だがデルバールは気負い負けしてないし、試合が始まればノンオー相手に十分やれると思っている。

「インターネットでノンオーの試合をよく見ていた。さっきも話したように、彼は最高の格闘家と戦ってきてるからね。正直、彼に欠点はあまりないと思う。でも、誰と対戦するかによるよね」

「自分の強みは身長とリーチ。そして闘志」

「素晴らしいコーチが付いてくれていて、ゲームプランを立ててくれたんだ。だから見ごたえのある試合を見せられるよ。なんといっても自分は若い。この若さがキーになると思っている」

格闘技史上最高の賞をかけて、格闘技史上最高の選手の一人と戦うという、貴重なチャンスを手にしたデルバール。やれることはすべてやってきた。

他の若い選手ならプレッシャーに負けるかもしれないが、人事を尽くしたデルバールは強気でいる。 彼は以前、劣勢の前評判を覆してタイの選手を破ったことがある。もう一度やる準備はできている。

「ONEチャンピオンシップのベルトをかけて戦う機会を得られて本当にうれしい。世界タイトル戦は初めてだから。この試合に勝つために何でもするつもりだ」

「最も強き者が勝ちますように。自分がそうなれるように、何でもするつもりだ」。デルバールは最後に、ノンオーにそう呼びかけた。

ホーチミン | 9月6日 (金) | 21時(日本時間) | 中継:ONEチャンピオンシップ公式アプリで生中継(無料)