ニュース

【10/16大会】澤田龍人がユナニマス判定勝利「次はトップ選手と対戦を」

2020年10月17日

澤田龍人は、10月16日(金)の「ONE: REIGN OF DYNASTIES II」(シンガポールで事前収録)で中国のストライカー、ミアオ・リータオとストロー級総合格闘技マッチで対戦。約10ヶ月ぶりのONEチャンピオンシップでの舞台で、ユナニマス判定で白星を挙げた。

盤石なグラップリングスキルを披露し、プロ13勝とした澤田に話を聞いた。

ONEチャンピオンシップ:久々の試合、ONEの舞台で緊張したか?
澤田龍人:そんなには緊張はしなかった。
ONE:思った通りに動けた?
澤田:思った通りではなかったが、勝てたので良かった。長い期間総合格闘技の練習ができなかったので、その部分で打撃と寝技の組み合わせが出来てなかったかと思う。
ONE:試合の流れを振り返ってほしい。
澤田:まだ試合の映像を見ていないが、1ラウンド目は、タックルに入って、テイクダウンをして、相手をコントロールした。肩固めが決まりそうだったが、決まらなくて。相手に我慢されて、他の技に移行した。ずっとバックでキープしてて、最後に振り向かれて僕が下になった状態で終わった。
ONE:1ラウンド目が終わってどう思ったか?
澤田:ずっとコントロールをしていたので、そんなにヤバイとは思わなかった。2ラウンド目もテイクダウンをとって、という感じ。3ラウンド目は、テイクダウンに行って、それが失敗して自分が下になっちゃって、上から殴られた。そのあとスタンドに戻って、またテイクダウンを取りに行ったと思う。
ONE:上から殴られた時は?
澤田:そんなに強くは殴られていないので。
ONE:判定まで行った時は、自信があったか?

澤田:少しは疑っていたけれども、ほぼほぼ勝ったと思っていた。

ONE:試合前はフィニッシュを狙いたいと話していた。
澤田:打撃をちょっと嫌がってすぐテイクダウンに行ってしまったので、もっと打撃を出せればよかったと思う。それにもっとサブミッションを決められたらよかったと思う。
ONE:うまく行ったと思った点は?
澤田:フィジカルが強い相手にテイクダウンができて、コントロールができたのはよかったと思う。相手は筋肉量もあって、そういう相手にコントロールして勝てて良かった。
ONE:警戒していた相手の打撃はどうだった?
澤田:スタンドではそんなに貰わなかったが、圧が凄かった。
ONE:この試合を今後のトレーニングに活かす予定は?

澤田:もっと決める力をつけていきたいと思う。もう少しのところで逃げられてしまったりがあったので、もうちょっと丁寧にやっていきたいと思う。雑にならないように、相手に逃げられる隙を与えないように。

ONE:試合が終わった後、何をした?
澤田:ホテルに帰ってきてから、デリバリーでご飯を頼んだ。日本食、唐揚げ弁当みたいなのだったと思う。試合が終わった後はおいしいご飯を食べたかったので。
ONE:試合が終わって、改めて今抱いている目標は?
澤田:今回、判定だったけれどもしっかり勝てたので、次はもっとトップの選手たちとやって、勝っていきたい。
ONE:現在のシンガポールの状況は?
澤田:まだ寝技の練習がジムでできない。そういうのがOKになったら、またしっかりやっていきたい。
ONE:次に対戦したい相手はいるか?
澤田:特にはないが、ストロー級で勝ち続けている人とやりたい。ランキングには2人日本人が入っているので、そこに自分も入っていけるような試合をしたい。
ONE:最後にファンにメッセージを。
澤田:このコロナの中で、試合をやって勝つことができたので、次に向けてまた練習をしっかりやっていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!