【6/8大会】ONE 167でリー一家の末っ子、エイドリアンがMMAプロデビュー

Adrian Lee

格闘技界のサラブレッド、エイドリアン・リー(シンガポール / 米国)が、ONEチャンピオンシップと正式に契約を交わし、デビュー戦が決まった。

リーは18歳、きょうだい全員がONEに参戦したリー一家の末っ子。6月8日(土)の「ONE 167: Stamp vs. Zamboanga」で、同じくONEデビュー戦を迎えるアントニオ・マンマレッラ(オーストラリア)とライト級MMAマッチで対戦する。

MMAアマチュアの有望株として注目されていたが、タイ・バンコクのインパクト・アリーナで開催される今回の一戦がプロでの初試合。

リーのきょうだいは、元ONE女子アトム級MMA世界チャンピオンのアンジェラと現ライト級とウェルター級MMA世界チャンピオンのクリスチャン、女子アトム級で活躍した故ビクトリア

リー、主に米ハワイでクリスチャンとトレーニングをしており、自身の目標達成のために必要なレベルを明確にわかっている。

すでにMMAやキックボクシング、パンクラチオンでアマチュアチャンピオンになっており、レスリングでもハワイのチャンピオンに輝いている。だが、世界最大の格闘技団体であるONEへの参戦は、これまでで最も厳しい試練になるに違いない。

対するマンマレッラは24歳。アマチュアで順調に経験を重ね、昨年12月にプロデビューしTKO勝利としている。

チームメイトにはONEアスリートのクーパー・ロイヤル(オーストラリア)や、ファイニー・メスキータ(同)がいる。この2人の最近の印象深い戦いぶりで所属先の「MMAFFT」は評判が高まっている。

リー一家の血筋を考えれば、エイドリアンがONEのケージ「サークル」でどのような結果を残すか期待が高まる。だが、マンマレッラもONEデビュー戦でアピールをしたいと意気込んでいることだろう。

この2人の試合が行われる「ONE 167」は、女王スタンプ・フェアテックス(タイ)対デニス・ザンボアンガ(フィリピン)、王者タワンチャイ・PK・センチャイ(タイ)対ジョー・ナタウット(タイ)という世界タイトルマッチ2戦を筆頭に、豪華な対戦カード満載の大会。

6月8日(土)の「ONE 167」についての最新情報は、今後もONE公式ホームページでお知らせする。

ニュースをもっと見る

Tawanchai PK Saenchai Jo Nattawut ONE Fight Night 15 14 scaled
Superlek Kiatmoo9 Rodtang Jitmuangnon ONE Friday Fights 34 55
Katsuki Kitano Halil Kutukcu ONE Friday Fights 38 27
Kade Ruotolo Francisco Lo ONE Fight Night 21 57
ParhamGheirati JordanGodtfredsen
Marat Grigorian Sitthichai Sitsongpeenong ONE 165 1 scaled
Tawanchai PK Saenchai Jo Nattawut ONE Fight Night 15 19 scaled
Stamp Fairtex Ham Seo Hee ONE Fight Night 14 112 scaled
Yodphupa SonerSen Faceoff 1920X1280
Jacob Smith Denis Puric ONE Fight Night 21 24
Denice Zamboanga Julie Mezabarba ONE Fight Night 9 3
Mongkolkaew ET 1920X1280