ニュース

【8/21大会】ファビオ・ピンカが総合格闘技デビューへ「寝技も好き!」

2020年8月21日

何度もムエタイの世界チャンピオンに輝いたファビオ・ピンカ(フランス)は、立ち技界では恐るべきアスリートとして知られている。そして、この一級の打撃スキルを他の競技でも試そうとしている。

8月21日(金)に開かれる「ONE: NO SURRENDER III 」でピンカは総合格闘技デビュー戦を迎える。対するは、シャノン・ウィラチャイ(タイ)だ。

36歳のピンカは、ベテランであるウィラチャイとの対戦を楽しみにしている。

「彼の試合を見た。うまい。総合格闘技デビュー戦で戦えて嬉しい」

実はピンカがONEチャンピオンシップに登場するのは2度目だ。

ONEが2018年4月にONEスーパーシリーズを立ち上げた際に、元々ムエタイアスリートとしてデビューした。

「 ONE: HEROES OF HONOR」で、ピンカは現ONEバンタム級ムエタイ世界チャンピオンのノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)と対戦、ユナニマス判定で苦杯を舐めた。

だがその後、ピンカはONEの舞台の外でノックアウト勝利を挙げている。今回の総合格闘技転向に際し、過程を楽しんでいる様子だ。

「いつも通りトレーニングを頑張っているが、新しいルールのためにちょっと違った方法をとっている。寝技もたくさん練習した。そして…すごく気に入ったんだ!」



対する、ウィラチャイは31歳。寝技はもちろん、総合格闘技の経験が豊富な相手だ。

ウィラチャイはアミール・カーン(シンガポール)、元ONEライト級世界チャンピオンの青木真也、そして直近では元ONEフェザー級世界チャンピオンのホノリオ・バナリオ(フィリピン)と対戦した経験がある。

さらに9つの勝ち星のうち7つをノックアウトとサブミッションで挙げている。それも、第2ラウンド終了前に、だ。

最近の試合では好調とは言えなかったが、総合格闘技のニューカマーにとっては、ウィラチャイは簡単な相手ではないことは確かだ。

「(ウィラチャイは)経験豊富な総合格闘技のファイターだ。だが、試合経験は自分の方がある」と、ピンカは話す。

Multiple-time Muay Thai World Champion Fabio Pinca

ピンカの言うことは確かだ。

ピンカはプロ127試合の経験があり、ムエタイとキックボクシングを合わせて99勝24敗4分の戦績を打ち立てている。「ONE: NO SURRENDER II」で活躍したメディ・ザトゥー(アルジェリア)や、チャーリー・ピーターズ(イギリス)、リアム・ハリソン(イギリス)を下した経験もある。

こうしたムエタイやキックボクシングの輝かしいキャリアを生かし、ピンカは総合格闘技デビューでも優れた能力を発揮できると信じている。実は、ピンカは一方的な試合しか予想していないのだ。

「自分の予定は、彼のルールで彼を倒すこと。総合格闘技の武器を全て駆使する準備はできている。ユナニマス判定で勝利するだろう」

Read more: 【8/14大会】ONE: NO SURRENDER IIの勝者たちの次戦は?

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。