ニュース

青木真也が語る、ライト級の上位アスリート

2021年6月18日

青木真也は、ONEチャンピオンシップのタレント揃いのライト級総合格闘技で10年近く活躍し続けている数少ないアスリートの1人。

現在公式アスリートランキングで2位につける青木だが、猫の目のようにランキング上位が入れ替わるこの階級で5位以内を維持するのは容易いことではない。

そんなライト級について「毎回ガチャガチャを回すと、順番が変わる。その場その場でベストが変わってくるので、動きがある階級だと思う」と、青木は話す。

そういう意味では注目の階級だし、スポーツっぽい。スポーツって展開が早くて動いていくので、ずっと固定せずに展開があるという意味で、面白い階級だと思う。今のベストは今のベストであって、ずーっとベストじゃない

ライト級をこう評する青木がこの階級の王者や他の4人のコンテンダーについての考えを語ってくれた。

ONEライト級世界チャンピオン:クリスチャン・リー

MMA fighter Christian Lee with the ONE Championship belt

青木真也: 毎回強くなっている。成長度合いが毎回すごい。毎回課題を作って、克服していっている。ストライキングが苦手だったところもあると思うが、一気にストライキングも強くなっているし、勝負どころの嗅覚が抜群だ。まだ年齢も若く、しばらく王座君臨が続くと思う。だから次なる挑戦も探した方がいいと思う。

1位コンテンダー: サイード・フセイン・アサラナリエフ

Saygid Guseyn Arslanaliev celebrates his win in the ONE Lightweight World Grand Prix semifinal

青木:2年前の試合を見ると)勢いはあったけれども、クリスチャンには負けた。破壊力、爆発力はあると思う。



3位コンテンダー: オク・レユン

Pictures from Ok Rae Yoon vs. Marat Gafurov at "ONE on TNT III"

青木: オク・レユンはマラット・ガフロフ(ロシア)とエディ・アルバレス(米国)に勝っているが、そこまでの上積みはないような気がしていて、レコード自体も他団体で負けがあるし。その部分でも、ちょっとまだ荒さはあるかな、と思う。まだちょっとレベル的にはどうなのか、と思っている。自分がランキング上は上にいるので、オク・レユンとやれば、勝った方がお互いにタイトルマッチに向けて説得力が出てくると思う。

4位コンテンダー: ユーリ・ラピクス

Moldovan MMA fighter Iuri Lapicus enters the arena

青木: ラピクスは、2連敗しているので、ちょっと見えない。マラット・ガフロフ戦での勝ち方はよかったが、その前にシャノン・ウィラチャイ(タイ)とは競っていた。そのため、正直、実力がどのくらいかは見えない。

5位コンテンダー: ティモフィ・ナシューヒン

MMA stars Christian Lee and TImofey Nastyukhin fight at "ONE on TNT II"

青木: 試合しない時期がすごくあったりするし、そこもわからないが、その点そんなに大きく上積みもないと思うし、年齢的に伸びてくるわけではないと思うが、勝負どころの破壊力がある。(最近のタイトルマッチでは)クリスチャンの動きが良すぎたから、あれは参考にならないと思う。

Read more: タイトル戦主張のアルバレス、バウシュトとナシューヒンが反論

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。