キックボクシング

【2/26大会】ロッタンのキックデビュー戦の相手がタギール・カリロフに

2021年2月22日

2月26日(金)、ONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのロッタン・ジットムアンノン(タイ)は、ONEスーパーシリーズのキックボクシングデビュー戦を迎え、本格的に2競技世界王者に向けて一歩を踏み出す。

だが、シンガポールで行われる「ONE: FISTS OF FURY」では、全く新しい相手とONEのケージ「サークル」で対戦することになった。

WKPFキックボクシングチャンピオンのアレハンドロ・リーバス(スペイン)がもともとロッタンの相手として予定されていたが、衛生安全プロトコルの都合上、出場事態を余儀なくされた。

代わりにタギール・カリロフ(ロシア)が出場する。

カリロフは28歳、タイ・プーケットの「レボリューション・ジム」代表。その前は母国ロシアのエカテリンブルクの「サミンプライ・ムエタイ・ジム」に所属していた。WMC I-1グローバルチャンピオンで、ロシアとタイを転戦し、プロ戦績は22勝7敗2分。

自分のパンチを打ち込むためには、被弾も恐れないリスクテイカーで、ロッタンの超攻撃的スタイルとうまくマッチするだろう。

今週金曜日にシンガポールから生中継でお届けする「ONE: FISTS OF FURY」の最新ニュースは、ONEホームページで随時発表される。

Read more: 【2/26大会】ペトロシアン「準備に自信、キリアに勝つ」

もっと見る

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。