特集

【12/18大会】ONE: COLLISION COURSE のハイライト

2020年12月21日

12月18日(金)、シンガポール・インドア・スタジアムであった「ONE: COLLISION COURSE」では、熱狂のバトルが繰り広げられた

2つのONEスーパーシリーズ世界タイトルマッチが行われ、両方とも現チャンピオンが防衛を果たした。

さらに、総合格闘技4試合も行われ、6カ国のアスリート達がONE今年最後のライブイベントにお目見えした。

その中でも特に目立ったパフォーマンスをこの記事で取り上げる。

#1 クリークリャの激闘5ラウンド

アンドレイ・ストイカ(ルーマニア)はタフに5ラウンドを戦い抜いたが、ONEライトヘビー級キックボクシング世界チャンピオンのローマン・クリークリャ(ウクライナ)は、あまりに強く、巨大で、熟練していた。

ゴングが鳴ると、クリークリャはあらゆる角度から正確な打撃を繰り出し、ストイカを圧倒。

クリークリャはリーチを駆使してジャブを打ち込み、フックでボディにダメージを与え、パワフルなキックを繰り出した。あらゆる箇所を有効に攻め立てた。

試合を決める一撃を繰り出す隙は見出せなかったものの、5ラウンドにわたって見せつけた技術の高さで、クリークリャが判定勝ちを収めた。

この勝利で、クリークリャはONEライトヘビー級キックボクシング世界タイトルの初防衛を果たし、今日の世界最高のライトヘビー級ストライカーであることを証明した。

#2 ノンオーがノックアウト勝ち

ノンオー・ガイヤーンハーダオ(タイ)は、第3ラウンドでノックアウト勝利を収め、ONEバンタム級ムエタイ世界タイトルを防衛。伝説を加速させた。

ロドレック・PK・センチャイムエタイジム(タイ)は、序盤の2ラウンドは前に出てプレッシャーをかけ、キック連打をしたが、第3ラウンドが始まると、ノンオーの独占場だった。

まず、ノンオーはロドレックの動きを左ジャブで止めた。そしてペースを早めると、コンビネーションを命中。そこで再び前に出ようとしたロドレックだったが、そのアグレッシブさが災いした。

ロドレックはシンプルなジャブとクロスのコンビネーションを受け、さらにクロスを食らい、マットに叩きつけられた。カウントに応じることができず、試合は第3ラウンド1分13秒で終了となった。

このハイライト級のフィニッシュで、ノンオーはONEスーパーシリーズの無敗記録を7とし、歴史に名を刻んだ。

#3 シェ・ウェイがTKO勝ち

「ONE: COLLISION COURSE」のオープニングでは、総合格闘技フライ級マッチが行われ、シェ・ウェイ(中国)とチャン・ロタナ(カンボジア)が対戦した。

24歳のシェは、試合序盤はキックを駆使したが、第1ラウンド後半にはロタナをマットに引き摺り込んで、グラウンド・アンド・パウンドを浴びせた。

第2ラウンド、シェのペースの速い攻撃が続いたが、ロタナも強烈なストライクを連打。

だが第3ラウンド、風向きが急変。ロタナのキックに対し、シェは右ストレートと左フックのコンビネーションのカウンターを繰り出した。右は外れたが、左は命中。顎を撃ち抜かれたロタナはマットに崩れ落ちた

シェはグラウンド・アンド・パウンドで追撃し、第3ラウンド1分39秒、TKO勝ち。プロ戦績を12勝3敗とし、フライ級に強烈なアピールをしたのだった。

Read more: 【12/25大会】ONE: COLLISION COURSE II のフルカード発表

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。