ソーシャルメディア

サムエーにストロー級ムエタイランカー達が返答

2020年7月6日

ムエタイとキックボクシング、2種目の世界王者のサムエー・ガイヤーンハーダオ(タイ)は、最近ONEチャンピオンシップの公式ランキングについて自身の考えを語ったが、早速ストロー級ムエタイの選手達が返答を始めている。

サムエーは、ランキング1位のジョシュ・トナー(オーストラリア)に対し、技術を称賛しつつもONEのケージ「サークル」での対戦となれば、自身が有利だろうとインタビューで答えた。

それに対し、トナーが7月2日(木)に自身のSNSで返答した。

「サムエーは自分に勝てると思っている。実際に試してみよう。2020年にそれが起こるのを見たい人はいるかな?」と、トナーはインスタグラムで記した。

トナーは、サムエーが有するONEストロー級ムエタイのタイトルに挑戦する資格があると信じており、先日も「この試合(サムエー戦)が実現すると自分には分かっている。そして自分が勝てると分かっている」と語っていた。

View this post on Instagram

So @onechampionship have just done an interview with the 2x Champion of my division @aaa_gaiyanghadao who had these words to say about me and thinks that I’m the most dangerous fighter for him to face in our weight division ????????. I’m humbled by this as I’ve looked up to Sam A & he’s been one of my favorite fighters pretty much my entire career so for him to say this about me has given me a huge boost and I can’t wait to get back in there. It would be an honor to face him at some point and it would be fireworks with out styles. Thank you for the kind words @aaa_gaiyanghadao ???????? and hopefully one day we can make this happen and give the @onechampionship fans a fight they will never forget. @badcompanygym @gymking @_smartsportstherapy @theroadhousemacau @yokkao @1cbduk #punisher #lordofwar #weareone #muay #thai #fighter #yokkao #gymking #smartsportstherapy #1cbd #theroadhousemacau #badcompany

A post shared by Andy Howson (@andybadco) on

サムエーは、ムエタイの世界王者に何度も輝き、ランキング4位につけるアンディ・ハウソン(イギリス)についても「この階級の5人のランカーの中で最も危険」と評していた。

このコメントを受け、ハウソンも自身の考えをシェア。

「サムエーは自分のキャリアの中でお気に入りの選手の1人で、尊敬していたから恐縮だ。自分についてこうしたコメントをしてくれて、自信になった。また試合に戻るのが待ちきれない」と、7月3日(金)にインスタグラムに投稿した。

「なんらかのタイミングで対戦できたら、名誉なことだし、自分たちのスタイルの火花が飛び散るぶつかり合いになることだろう」

サムエーのONEストロー級ムエタイ世界タイトルの防衛戦の日時はまだ決定していないが、少なくともこの階級のトップコンテンダーの2人はその試合を熱望しているようだ。

Read more: 2種目王者サムエー、トナーに返答「最初はムエタイで」