【3/25大会】ロッタン欠場、スーパーレックの挑戦者はウィリアムスに

Rodtang Jitmuangnon Danial Williams ONE on TNT I 18

3月25日(土)の「ONE Fight Night 8」に、直前になって大きな変更があった。

当初メインイベントでは、ONEフライ級キックボクシング世界チャンピオンのスーパーレック・キアトモー9(タイ)が同級ムエタイ王者のロッタン・ジットムアンノン(タイ)を迎え、タイトル防衛に臨む予定だった。だが、ロッタンは負傷により、出場を辞退することになった。

しかし、スーパーレックの防衛戦は行われる予定だ。

https://www.instagram.com/p/CqFCuNPvhMg/?utm_source=ig_web_copy_link

ロッタンの欠場により、ダニエル・ウィリアムス(オーストラリア / タイ)が新たな挑戦者となり、キャリア最大のチャンスに挑むことになった。

ウィリアムスは、現在ストロー級ムエタイとMMAで5位コンテンダーで、WMCムエタイ世界タイトルを獲得したこともあるエリートストライカー。

最近はMMAでの活躍が目立ったが、2021年の「ファイト・オブ・ザ・イヤー」に選出されたムエタイマッチでは、ロッタンを極限まで追い詰め、一級の打撃のスペシャリストと渡り合える力を見せつけた。

このロッタン戦も直前の試合オファーを受けたかたちだったが、3ラウンドのスリリングな戦いでは、次々と攻撃を繰り出した。

このため、今回のタイトル挑戦でも同様のパフォーマンスを見せてくれることだろう。

一方、スーパーレックは1月の「ONE Fight Night 6」で、フライ級キックボクシングのタイトルを獲得したものの、対戦相手のダニエル・プエルタス(スペイン)のアグレッシブなボクシングのスタイルに苦戦した。

プエルタスのようなスタイルはウィリアムスも得意としている。さらに、ウィリアムスは当初、「ONE Fight Night 8」ではルイ・ボテーリョ(ポルトガル)とのストロー級ムエタイマッチで対戦予定だったため、大会に備えたトレーニングをしていた。

世界タイトルマッチは5ラウンド制のため通常の試合より2ラウンド増え、階級も上がることになるが、恐れ知らずの29歳・ウィリアムスは動じることなく、スーパーレックのベルトを剥ぎ取りにいくことだろう。

一方、ボテーリョはキャッチウェイトムエタイ(128ポンド)でアスランベック・ジクレーブ(ロシア)と対戦することになった。

「ONE Fight Night 8」に関する最新情報は、今後もONE公式ホームページでお知らせする。

キックボクシングをもっと見る

OkRaeYoon AlibegRasulov 1920X1280 1200x800
Kulabdam NabilAnane CeremonialFaceoff 1920X1280
44286
Joseph Lasiri Prajanchai PK Saenchai ONE Friday Fights 46 12 scaled
Jonathan Di Bella Danial Williams ONE Fight Night 15 73 scaled
Tawanchai PK Saenchai Superbon Singha Mawynn ONE Friday Fights 46 48 scaled
MasaakiNoiri Champ 1200X800
Superlek Kiatmoo9 Rodtang Jitmuangnon ONE Friday Fights 34 55
Marat Grigorian Sitthichai Sitsongpeenong ONE 165 1 scaled
MasaakiNoiri 1200X800 1
Jacob Smith Denis Puric ONE Fight Night 21 24
Mongkolkaew ET 1920X1280