ソーシャルメディア

総合格闘技参入、ロッタンに続きハガティーまで⁉︎

2020年6月12日

元ONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのジョナサン・ハガティー(イギリス)は、総合格闘技でもタイトルを追い求める気だろうか?

ハガティーは、自身のインスタグラムに「待ってろよ、総合格闘技。行くぜ!」というコメントから始まるビデオを公開したのだ。

View this post on Instagram

????

A post shared by Jonathan Haggerty (@jhaggerty_) on

実は、ハガティーの父親、ジョンは元プロの総合格闘技選手。様々な格闘技を経験したが、ムエタイが息子のハガティーに最も適していると考え、幼い頃からトレーニングを始めさせた。引退後は息子のキャリアをサポートするためにジム「チーム・アンダーグラウンド」を開いた。

ハガティーはビデオでは、一流の打撃スキルを見せた後、テイクダウンを披露。グラウンド・アンド・パウンドを繰り出し、最後はトライアングル・チョークで締めた。

このビデオは、ONEフライ級世界チャンピオンのアドリアーノ・モラエス(ブラジル)ら、ONE公式ランキングのフライ級アスリートの目を引くことだろう。

フライ級ムエタイのランキング3位につけるハガティーは、明らかに練習を積んできている。もし総合格闘技に転向するなら、試合は常に立った状態から開始されるため、ただちに階級の脅威になるだろう。

偶然にも、1月の「ONE:A NEW TOMORROW」で、ハガティーと再戦しTKO勝ちを挙げたONEフライ級ムエタイ世界チャンピオンのロッタン・ジットムアンノン(タイ)も、将来的には総合格闘技への参入もあり得る、と話していた。

ハガティーは本気なのか冗談なのか。いずれにせよ、ハガティーの格闘技愛が溢れる動画に仕上がっていることには間違いない。

Read more: ロッタン寝技も練習、3種目挑戦視野