総合格闘技

【8/27大会】リン・ホーチン戦へ、平田樹 「今までとは違う自分見せる」

2022年8月16日

アトム級の“人造人間18号”こと22歳の平田樹は、8月27日 (土)にシンガポール・インドア・スタジアムで行われる「ONE FIGHT NIGHT 1: Moraes vs. Johnson II」で、新たなレベルのスキルを披露しようと燃えている。

柔道出身の平田は、リードカードでリン・ホーチン(中国)と対戦する。同大会は米国のゴールデンタイムでも配信され、この大舞台で平田は再起戦に臨む。

米ニューヨークに渡り試合準備を重ねてきた平田は、危険なストライカーであるリンを相手に海外修行の成果を披露したいと思っている。

平田はこう話している。

「過去に(リンとの)このマッチアップの話があって、絶対やると思っていたので楽しみにしていた。打撃の練習もたくさんしているので、今までとは違う自分を見せられたら、と思う」

「打撃もそうだが、やっぱりMMAはやることがたくさんなるなって思いながら、どれだけ(パワフルな)打撃を食らっても大丈夫なように超ハードな練習をしている」

リンはONEチャンピオンシップ参戦以来、今年3月にキックボクシングマッチで白星を挙げるなど、戦績を3勝1敗としている。

このため、平田は相手の打撃のパワーを警戒しつつも、付け込める隙があると考えている。

平田はリンをこう分析している。

「全体的に打撃もできる、得意な距離や技のコンビネーションを分かっている選手。ONEでもキックボクシングの試合に出ているので打撃に自信があるんだと思う」

「ただ、(インドのレスリングのスターの)リトゥ(フォガット)との試合を見ると、寝技で付け込まれて寝技のポイントを取られて負けている。そこがキックボクシングとMMAの差だと思う。MMAは寝技があるので、それは彼女の弱点かな、と思う」

平田樹「いい緊張感」ジヒンとの再戦も視野

3月の「ONE X」でジヒン・ラズワン(マレーシア)を相手にMMAキャリア初の黒星を喫した平田樹は、自身の力を証明しようと気合を入れている。

この敗戦以来、平田はこれまでにないほどの努力をし、スキルアップに取り組んできた。

リン・ホーチン戦に向けては良い意味で緊張しているとしつつ、圧倒的な勝利を収めようという意気込みも見せている。

平田はこうコメントしている。

「1回負けた分、もっとみんなが注目してくると思うので。勝ち続けるよりも、負けて復帰戦というところで良い緊張感がある。負けたらどうしよう、というより、こんだけ練習してどれだけ発揮できるのか、という緊張感がある」

「打撃をやりつつ自分の得意な寝技でグラウンドでフィニッシュしたい。早めにフィニッシュできたらいいと思うが、相手はリーチも長いし、得意な距離感を持っているので、自分がどれだけ前に出れるかだと思う」

また、現アトム級5位コンテンダーのジヒンへのリベンジの可能性も、大きなモチベーションになっているようだ。

だが、このリマッチを実現させるためには、「ONE FIGHT NIGHT 1: Moraes vs. Johnson II」での勝利は必須だ。

平田はこうコメントした。

「(ジヒンと)再戦したい。絶対勝てる相手だと分かっているし、負けて終わるのは嫌なので、次やってしっかり勝ちたい。次やるならすべて上回れるように。判定じゃなくてフィニッシュで終われるように、しっかり差を見せて勝ちたい」

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。