Submission Grappling

【8/26大会】ONE 160のフルカード発表、メインはクリスチャン・リー vs. オク・レユンのリマッチ

2022年7月6日

8月26日(金)にシンガポール・インドア・スタジアムから生中継されるONEチャンピオンシップの大会で、世界タイトルマッチ2戦がメインを飾ることになった。

ONEは7月5日、「ONE 160」のメインイベントで、ONEライト級世界王者のオク・レユン(韓国)が1位のクリスチャン・リー(シンガポール / 米国)を迎え、世界タイトル防衛戦を行うと発表した。

同大会ではすでに発表されているように、ONEフェザー級世界チャンピオンのタン・リー(ベトナム / アメリカ)と1位コンテンダーのタン・カイ(中国)との対戦が決定している。

オクは昨年9月の「ONE: REVOLUTION」で、長年ライト級の頂点に君臨していたクリスチャン・リーに挑戦。フルラウンドの戦いの末に勝利したものの、クリスチャン・リーは判定に不満を表明していた。

今回の大会では、クリスチャン・リーは雪辱を期して待望のリマッチに臨む。

2つのメインイベントの直前には、ONEフライ級ムエタイ世界グランプリ準決勝の1試合が行われ、1位コンテンダーのスーパーレック・キアトモー9(タイ)と5位のボルター・ゴンサルベス(ブラジル)が対戦する。

準々決勝では、スーパーレックは4位の内藤大樹にユナニマス判定で勝利し、ゴンサルベスはホスエ・クルス(メキシコ)を35秒でKOで下している。

さらに、ONEフライ級ムエタイ世界グランプリの交替試合も行われ、パンパヤック・ジットムアンノン(タイ)とシャーゾット・カブトフ(キルギス)が対戦。

直近のONEのケージ「サークル」での試合では、パンパヤックはダニエル・プエルタス(スペイン)を倒し、カブトフはデビュー戦でデニス・ピューリック(カナダ / ボスニア・ヘルツェゴビナ)を相手に見事なユナニマス勝利を収めている。

この試合の勝者は、トーナメント出場者が棄権した場合、代わって出場することになる。

総合格闘技マッチには、元ONEウェルター級世界王者のゼバスチャン・カデスタム(スウェーデン)が登場。元ONEライト級世界タイトル挑戦者でランキング4位のユーリ・ラピクス(モルドバ)と対戦する。

ラピクスにとって初のウェルター級マッチ。この階級の長年のスターの1人であるカデスタムに勝利し、アピールを狙おうと意気込んでいる。

対するカデスタムは今年のヴァミール・ダ・シウバ(ブラジル)戦での白星に続く連勝を目指す。

メインカードでは、バンタム級ムエタイ1位のセーマペッチ・フェアテックス(タイ)と、2位のリッテワダ・ペッティンディー(タイ)による待望のリマッチも行われる。

両者は昨年11月に対戦。ONEのニューカマーのリッテワダが第2ラウンドでTKO勝利し、トップ5ランキングに名を連ねた。

8月26日の「ONE 160」のメインカードとリードカードは以下の通り。

ONE 160: Ok vs. Lee II のメインカード

  • オク・レユン vs. クリスチャン・リー (ONEライト級世界タイトルマッチ) 
  • タン・リー vs. タン・カイ (ONEフェザー級 世界タイトルマッチ)
  • スーパーレック・キアトモー9 vs. ボルター・ゴンサルベス (ONEフライ級 ムエタイ世界グランプリ準決勝)
  • パンパヤック・ジットムアンノン vs. シャーゾット・カブトフ(ONEフライ級 ムエタイ世界グランプリ交替試合)  
  • ゼバスチャン・カデスタム vs. ユーリ・ラピクス (MMA – ウェルター級)
  • リッテワダ・ペッティンディー vs. セーマペッチ・フェアテックス (ムエタイ – バンタム級)

ONE 160: Ok Vs. Lee II のリードカード

  • ポール・エリオット vs. マルティン・バトゥール (MMA – ヘビー級)
  • アミール・カーン vs. キアヌ・スッバ (MMA – フェザー級)
  • タリス・ナカス vs. カンタラージ・アガーサ (MMA – フライ級)
  • バウジール・ホドリゲス vs. ヘナート・カヌート (サブミッション・グラップリング – ライト級)

最新情報をゲット

ONEチャンピオンシップとどこでも一緒! 最新ニュース、特別オファー、ライブイベントの最高の席をゲットするため今すぐ登録を! 
このフォームを送信することにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに基づく情報の収集、使用および開示に同意したことになります。お客様は、いつでも配信を停止することができます。