特集

ONE選手が語る「スター・ウォーズ」

2020年5月4日

きょう5月4日は、「スター・ウォーズの日」。映画のセリフ「May the Force be with you(フォースと共にあらんことを)」と、「May 4th」をかけて、毎年この日、世界中のファンが同作品が作り出した一連の文化を祝い、観賞を楽しんでいる。

1977年の公開以来世界中のファンを熱狂させてきた「スター・ウォーズ」。もちろん、ONEチャンピオンシップのアスリートも例外ではない。

「スター・ウォーズ」ファンの選手達に話を聞いた。

岡見勇信

Japanese mixed martial arts legend Yushin Okami

「スカイウォーカー家の歴史が素晴らしい!人の成長する過程が男心をくすぐる。私にとってヨーダは師匠の1人だ!」

「(好きなキャラクターは)ハンソロ。優しく、強く、モテる!
男の理想だから」

「最後は息子と思いを繋げられるアナキンスカイウォーカーも。私も息子がいるのでどうしても重ねてしまう」

石毛里佳

「古い作品でも、現代的。最初の作品では、当時の最先端技術が使われて、最新作に至るまでに至るまでその傾向は変わらない」

「『スター・ウォーズ』の制作技術は向上し続けている。毎回作品を見るたびに、その世界観に惹きつけられる」

「ルーク・スカイウォーカーが好き。いい人でも悪い人でもなく、グレーな存在。このキャラは多くの人を夢中にさせていると思う。とっても人間的でリアルだ」

内藤大樹

「スターウォーズは好き。非日常の世界観を味わうことができる。
(好きなキャラクターは)R2-D2。愛嬌があるから」

「子供の頃ライトセーバーのおもちゃを持っていた。映画はDVDでほぼ全てのシリーズ見たことがある」

エギ・ロズテン

Indonesian mixed martial artist Egi Rozten

『スター・ウォーズ』は、中学校の時に見始めた。最新技術が使われた映画がとても面白い。自分はSFが好きで、地球外生命体が出てくるシリーズだから

「長いシリーズだけれど、結局は悪人と善人の宇宙での永遠の戦い。この作品からは、何があっても楽観的でいることを学ぶことができる。例えば、レジスタンスは劣勢になったが、レイア・オーガナ姫は、いつも前向きだった」

「自信に満ち溢れたレイが好きだ。レジスタンスを助ける仕事が困難な時も、決して放り出さなかった。自分の自信を失う時は人生でいつでもあると思う。レイは、諦めてはいけないということを思い出させる存在になっていると思う」



上久保周哉 

『スター・ウォーズ』は好き。キャラクターが魅力的だと思う。ライトセーバーでの戦いや敵として登場するドロイドやトルーパー、それにジェダイやシスなどあらゆる登場人物や世界観のどれもが魅力的」

「特に気に入っているのはダース・モール。ビジュアルも好きだし、戦闘シーンも格好いい。映画ではセリフ自体はほとんど無く寡黙なキャラクターだが、立ち居振る舞いからも強敵としての雰囲気が出ていて、とても好きなキャラクターだ。彼のグッズが少ない事が難点かもしれない」

シャノン・ウィラチャイ

「ジェダイが好きだ。格好良くて、スマートで面白い。世界を救う手助けをする。全員が強くて、特別な能力があって、驚かされる。若い頃は影響を受けた。ジェダイの戦闘シーンは、格闘技の精神に通じるところがある」

「ボバ・フェットがすごく好き。若い頃は、衣装がかっこいいと思っていた。自分を解き放ったヒーローで、誰にも支配されない。どっちに付くか選んでいない真ん中の立場だ。調整能力があり、どうやって生きるか知っている」

「自分と総合格闘技の関係のようだ。格闘技をたくさん学んだが、それぞれの長所を、自分のスタイルに取り入れている」

ビクター・ピント

Victor Pinto enters the arena

『スター・ウォーズ』のいいところは、現実的じゃないところ。自分は幼い頃から本当に熱心なファンだが、いつもキャラクターの新しい側面が出てくるし、そこが面白い点だと思う」

「『シスの復讐』でダース・ベイダーになる前のアナキンが好きだ。悪いことに影響を受けたキャラクターの進化を目にすることができる。その後のエピソードでは、ダーク・サイドに行ってしまうが、いいところがあるという点を見ることができる」

「(俳優の)ヘイデン・クリステンセンは、怒りを表す素晴らしい演技をした。最高に悪い奴だ!」

松嶋こよみ

「全作見ている。祖父、父も映画が好きで、物心ついた時には近くにあり、VHSで何度も何度も見返しとても好きになった。その後も毎回映画を観に行っている。家にもスターウォーズのフィギュアがある」

「最近で言うと『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が面白くてよかった。スピンオフなので、ハン・ソロの名前の由来などを深く掘り下げてあった。昔から見ている人が一番楽しめる映画だったんじゃないかと思う」

「(好きなキャラクターは)アナキン・スカイウォーカー。ダーク・サイド、ライト・サイドもどちらも持っていて人間らしさがすごく伝わってくるキャラクター。感情移入してしまうくらい好き」

アジス・カリム

Aziz Calim defeats Adi Paryanto via rear-naked choke at ONE: ETERNAL GLORY

「多くの人と同じように『スター・ウォーズ』が好き。銀河系で繰り広げられるSF作品のストーリーで、想像力を試されるので、とても良い。冒険心を刺激してくれる。他のジャンルも好きだが、こうしたジャンルも好きだ」

「ダース・ベイダーが好き。良い奴ではないと知っているが、好きなところがある。衣装もすごいし、ライトセーバーもかっこいい。戦っている時のスキルが一番気に入っている。本当に良い」

和田竜光

DEEP Flyweight World Champion Tatsumitsu "The Sweeper" Wada heads to the Circle in January 2020

「『スター・ウォーズ』は好き。高校の頃に友達に勧められて見始めた。エピソード4から始まる構成がまずイケてる」

「好きなキャラクターはハン・ソロとチューバッカ。チューバッカは、うちで飼ってる犬に似ている」

Read more: ONE日本選手思い出の本ー親子で読書編