特集

DAWN OF HEROES を見逃せない6つの理由

2019年08月02日

ONEチャンピオンシップが82日金曜日、フィリピン史上最大の格闘技イベントとしてマニラに帰ってくる。

ONE: DAWN OF HEROES」では、世界王者戦が2戦とワールドGPの準決勝2戦があり、多くの有名選手が登場する。

この年間最大級のイベントを見逃すべきではない六つの理由を紹介する。

#1 ダブル世界タイトルマッチ

ONE Featherweight World Champion Martin Nguyen and Japanese contender Koyomi Matsushima

メインマッチは総合格闘技とムエタイの世界王者戦。ONEフェザー級世界王者のマーティン・ニューイェンは、松嶋こよみを迎え撃つ。ニューイェンは、約4年もの間この階級で「不可侵」とされてきた存在。一方、対戦相手の26歳の松嶋は、世界最大の総合格闘技団体の過去2試合で組み技とKOパワーを存分に見せつけてきた。

もう一つの世界王者戦、ONEフライ級ムエタイ世界タイトルマッチでは、王者のジョナサン・ハガティーが本場・タイのスターであるロッタン・ジットムアンノンを相手に初防衛に挑む。ハガティーは、ムエタイ界のレジェンドであるサムエー・ガイヤンハダオを5月に破り、世界を激震させたばかり。興奮の試合となることは間違いない。

#2 ライト級のレジェンドが激突

ONEライト級世界タイトルを2度獲得したフィリピンのヒーロー、エドゥアルド・フォラヤンと、アメリカの団体で4度の世界王者に輝いたエディ・アルバレス、という総合格闘技史上最高のライト級アスリート同士の対戦。この試合に勝てば「世界タイトルまであと1勝利」。譲れない戦いに西洋と東洋の伝説が挑む。

#3 和田竜光、フライ級スターに挑戦

ONEフライ級ワールドGPの準決勝は、12回世界チャンピオンとなったデメトリアス・ジョンソンが登場。このアメリカのスーパースターと和田竜光がONEフライ級世界タイトルへの道を拓くべく対決する。もう一つの準決勝は、フィリピンの人気者・ダニー・キンガッドがオーストラリアのリース・マクラーレンという打ち合い必至の対戦だ。

#4 チーム・ ラカイ勢が爆発

開催地であるフィリピン随一の格闘技団体「チーム・ラカイ」のメンバーは大暴れ必至だ。世界級の才能を育て上げてきたこのジムから5人がこの週末、リングに登場する。キンガッドとフォラヤンに加え、前ONEフライ級世界王者ジェへ・ ユスターキオが若松佑弥と対戦。また、前世界チャンピオンであるホノリオ・バナリオが韓国のパク・デソンとライト級で、エドワード・ケリーがフェザー級で中国のシャ・ビンと激突する。

#5  ロドレック突然の復帰

ムエタイ界のスター、ロドレック・P.K.センチャイムエタイジムが突然の復帰宣言で「ONE: DAWN OF HEROES」の会場を沸かせる。最高のパフォーマンスでスコットランドのアンドリュー・ミラーを迎え撃つ。

#6 ストロー級の才能が対決

白熱の夜の第3試合は、タイのポンシリ・ミッサティットと中国のミャオ・リータオの

これもまた注目の一戦だ。攻撃的スタイルで知られる2人の対決は、スピード感ある激しい展開となること間違いなしだ。