プレスリリース

『ONE:CENTURY世紀』世界視聴者数8,500万人、史上最高記録を更新!

2019年11月4日

アジア最大級のスポーツ・メディア・プロパティ、ONEチャンピオンシップ(以下、ONE。ワンチャ ンピオンシップ株式会社 代表取締役社長秦 アンディ 英之 / 日本支社所在地東京都千代田区) は114日、先月13日に東京の両国国技館で開催された歴史的な第100回記念大会「ONECENTURY 世紀」が史上最高の視聴者数を記録した事を発表します。NielsenYouTubeFacebookTwitterが集計した公式データにて、全プラットフォームで世界中の8,500万人の視聴者を突破した事が分かりました。

チャトリ・シットヨートン会長兼CEOは声明で「『ONECENTURY世紀』がすべての視聴者記録を塗り替え、世界で8,500万人以上の視聴者を記録し、歴史上最も多く見られた格闘技イベントであったことを発表します。中国だけでも地上波のライブTVおよびデジタル・プラットフォームで、1,000万人を越える視聴者が訪れました。アジアは、同じ3時間のタイムゾーンで30億人を超える視聴者を擁する世界最大のメディア市場です。 ONEチャンピオンシップはアジアの全ての主要国にて、毎週無料のテレビ放送とデジタル・プラットフォーム放送を実施しています。今回の視聴者数8,500万人は、このアジアでの視聴者数の可能性の表面を垣間見たと考えています。私達のチームは、このメガイベントを実施するにあたり、アジアで大きな数字を打ち出す可能性がある事を予見していました。先ずは、世界中のファンの皆様の愛と支援に心から感謝いたします。また、この日最高のパフォーマンスを見せたONEチャンピオンシップのアスリート達にも深く感謝いたします。あの大会は、会場が湧く最高のアクションの連続で、世界最高峰の格闘技の祭典でした」と、喜びと感謝の意を伝えました。

ONECENTURY世紀」は、ONE史上初の1日2大会開催のダブルヘッダーで実施され、世界145カ国でライブ配信されました。