総合格闘技

【2/26大会】ビクトリア・リー、ONE初戦は「1R一本決着!」

2021年2月22日

ビクトリア・リー(シンガポール / アメリカ)は、晴れ舞台に向けて準備を整えている。 

2月26日(金)の「ONE: FISTS OF FURY」で、16歳のリーはONEチャンピオンシップのデビュー戦を迎える。対するは、スニーサ・スリセン(タイ)。

リーは、そのあふれる才能と共に、ONEアトム級世界チャンピオンのアンジェラとONEライト級世界チャンピオンのクリスチャンの妹というプロフィールのため、世界中の期待を集めている。

リーは、シンガポール・インドア・スタジアムで総合格闘技のキャリアを歩み始めるのが待ちきれない様子だ。

「この豪華なカードの中で、オープニングマッチを務めるのを楽しみにしている。このイベントにはたくさんのハイクラスの選手が参加している」と、リーは話す。

「この試合を前に、兄と姉も助けてくれた。若い年齢で参戦するってことを自分より先にやっていたから。呼吸法や、プレッシャーに対処して楽しむためのとても役に立つアドバイスをくれた」

リーは、父のケンとONE世界タイトルを獲得した兄妹の指導の下「ユナイテッドMMA」で長年トレーニングを行い、多くの格闘技大会を制覇してきた。

パンクラチオンの世界チャンピオンに2度、2020年ハワイ州レスリング王者、NAGAエキスパート・チャンピオンに15度なっている。

そして今、リーは初めてのプロ総合格闘技の試合に集中している。

「常にハードなトレーニングをしているし、他の試合のためのトレーニングに似ている」

「でも、今回の公式のファイトキャンプでは、長所と短所を使って戦略を練ることができる特定の相手がいるので、もっと戦略やゲームプランを練ることができる」



スリセンがリーにとって、驚異になるのは間違いない。

スリセンは20歳でタイ中部のチョンブリー県在住。タイの柔道チャンピオンで、プロ戦績は4勝1敗。最近では、ヘビーなパンチ、キック、グラップリング・ディフェンスを駆使して石毛里佳(タイ)にユナニマス判定で勝っている。

この印象的な勝利と、過去の試合から、リーはスリセンのスキルセットを研究している。同時に、利用できるかもしれない弱点も。

「彼女のアマチュアとプロの試合を見てきた。ONEではリカとスタンプ・フェアテックスとの2試合を経験している。試合を見ていると、彼女は非常にタフな相手だ」

「彼女はアグレッシブなストライカーで、強い柔道をベースにしているのが強みだと思う。彼女の弱点は、総合格闘技のトレーニングをあまりしていないことだと思う。この点は自分にとって有利になるだろう」

Angela and Christian Lee's sister, Victoria, signs with ONE Championship

リーはスリセンとは違い、幼少期に初めてマットに足を踏み入れて以来、幅広い分野のトレーニングを続けてきた。

リーは、様々な格闘技を融合させることに慣れてきており、ストライクからグラップリング、そしてサブミッションへスムーズに繋げることが、スリセンとの対戦での勝利の鍵になると考えている。

「自分たちは総合格闘技で戦う。試合の中ではさまざまな変化があり、その中で試合が決まる」

「テンポの速い試合になると思う。お互いにアグレッシブなファイターだし、1ラウンド目のサブミッションで決着がつくと予想している」

大胆な予想を立てるリーだが、これが今後長く続くであろうキャリアの最初の試合とわかっているし、将来のための学びの機会と捉えている。

「私は毎日ハードなトレーニングをして、選手として、格闘家として自分自身を向上させようとしている」

「一歩一歩大切にしていく」

Read more:2/26大会】ONE: FISTS OF FURYを楽しみにするべき5つの理由