特集

2019年ベスト10サブミッション

ONEチャンピオンシップのグラップリング(組み技)のスペシャリストたちは、2019年を通して巧みなサブミッションの腕前でファンを沸かせた。

ノックアウトは一瞬で終わってしまうかもしれないが、寝技の卓越したスキルを持つ選手たちは、フィニッシュのための道筋を綿密に練り上げて、それを実行し、そして勝利を手にするのだ。

ブラジリアン柔術、レスリング、柔道などを背景に持つ総合格闘家たちは、ここぞという時に相手からギブアップを引き出すために、日々トレーニングに打ち込んでいるのだ。ここで2019年に生まれたサブミッション、ベスト10を紹介したい。

#1 エドゥアルド・フォラヤン vs. 青木真也

青木真也エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)をあらゆる面で圧倒し、第1ラウンドで勝利を収めた。計り知れないプレッシャーのもとで素晴らしいスキルを発揮し、フィリピンの名門格闘技ジム「チーム・ラカイ」のスター、フォラヤンにリベンジを果たした。

両者の対戦は3月にONE初の日本大会として開かれた「ONE:A NEW ERA 新時代」のメインイベント。青木は2016年に11月にフォラヤンに奪われたONEライト級世界王者のベルトを取り戻したのだった。

日本のヒーロー青木はフォラヤンをフェンスに追い込み、マットに引きずり倒す。ここから得意の形に持ち込み、ハーフガードのポジションからフィニッシュを仕留めにかかった。

フォラヤンは逃れようとスペースを作ろうとするが、青木が頭を脇の下に滑り込ませ、肩固めを決める。

青木は両手を握りしめてマウントポジションまで位置を変え、ひたすら締めにかかるとフォラヤンは意識を失う。こうして青木はライト級のトップに戻ってきたのだった。

#2 デメトリアス・ジョンソン vs. 若松佑弥

American flyweight mixed martial arts legend Demetrious Johnson submits Yuya Wakamatsu via guillotine choke

「ONE:A NEW ERA 新時代」でのデビュー戦で、伝説的なフライ級ファイター、デメトリアス・ジョンソン(米国)は、ONEフライ級世界グランプリの準々決勝で若松佑弥を撃破した。

若松は第1ラウンド、ジョンソンを相手に強打を決めて見せ場を作る。だがジョンソンのレスリングのスキルが第2ラウンドに火を吹く。寝技に持ち込むとポジション取りで圧倒したのだった。

焦った若松は必死に立ち上がろうとするが、ジョンソンに首を狙われ、ヒザを2発けりこまれ、そしてギロチン・チョークを決められて、ジョンソンが勝利を手にした。

#3 三浦彩佳 vs. サマラ・サントス

Japanese strawweight Ayaka Miura looks to secure an americana

三浦彩佳は8月の「ONE:DAWN OF HEROES」でサマラ・サントス(ブラジル)と対戦。第1ラウンド開始直後に距離を詰めてテイクダウンを決める。そしてすぐさま得意の袈裟固めのポジションを取る。

サントスは粘って、三浦がサブミッションに狙いに来るのを全てかわし、なんとか第2ラウンドまで持ちこたえる。だが第2ラウンド開始直後に再びテイクダウンを決められて、全く同じポジションを取られる。

今回は三浦がうまく立ち回った。サントスの左腕を自分の両足の間に挟み込んだ後、腰を前に動かして袈裟固めからのアメリカーナを決める。三浦がこれまで何度もやってきたように。これにはサントスもすぐにギブアップせざるを得なかった。

#4 ファン・ロン vs. ライニア・デリダー

Holland's Renier De Ridder locks a D'Arce choke on Fan Rong

ライニア・デリダー(オランダ)は1月の「ONE:HERO’S ASCENT」でのデビュー戦ですぐに、ミドル級屈指の実力を持つことを証明した。

デリダーはあっという間に戦略を展開し、ファン・ロン(中国)にシングルレッグ・テイクダウンを決めてキャンバスに倒す。そしてすぐさまファンのガードをくぐり抜ける。まずはキムラロックを狙いにいくが、ファンも脇を差して逃れる。

だがデリダーはめげない。すぐに右腕を脇の下から左上腕に通し、その後、背中から転がって、腕で絞める三角絞め(ダースチョーク)を決める。デリダーのきつい締めにより、ファンは数秒で意識を失った。

#5 平田樹 vs. 石毛里佳

Japanese rising star Itsuki Hirata forces the tap with her head scissors submission

「ONE:CENTURY 世紀」第1部を観戦したファンは、珍しいヘッドシザーズを見ることができた。相手の頭部を両足で挟んで締め付ける技だ。母国、日本の声援を受けた平田樹がタイの英雄、石毛里佳を相手に、この独創的なチョークでフィニッシュを決めたのだ。

女子アトム級マッチの第2ラウンド、平田は肩を決めようと狙いに行くが、石毛はヒザを使いながら逃げようとする。そして平田が四の字固めで石毛をひっくり返す。

平田は石毛の腕をひねり、アームロックにいくかのように見せるが、そこですぐにプランを変えた。

その代わりに平田は両足で石毛の首を挟み、全力で締め付け、ギブアップを引き出したのだった。

6位以下