特集

【10/13大会】「ONE:CENTURY 世紀」第2部ハイライト5選

2019年10月20日

10月13日(日)に東京・両国国技館で開催された格闘技史上最大のイベント、「ONE: CENTURY PART II」では、第1部に続き期待に違わぬ好試合が相次いだ。

格闘技の本拠地を代表するスターによる豪快なKO勝利、一本勝ちに加えて、国内外の人気選手によるフルランドの熱戦も見られた。歴史に残るダブルヘッダーの2部で見られた5つのベストな瞬間を振り返る。

#1 アウンラ・ンサンの豪快なノックアウト

ONEミドル級・ライトヘビー級世界王者のアウンラ・ンサンが、少なくとも理論上は過去最強の相手である ONEヘビー級世界王者、ブランドン・ベラと激突した。

体格では明らかに劣ったアウンラ・ンサンだったが、ベラのパワーにも臆せず、試合を通じて真正面から打ち合いを挑んだ。

アウンラ・ンサンは、第2ラウンドにギアを上げると、ローキックでダメージを与える。ベラは悟られまいとしたが、アウンラ・ンサンは勝機を逃さない。

スピニングエルボーでベラを捕らえたアウンラ・ンサンは、ベラの反撃を交わして右フック、倒れたところをグラウンドのパンチで畳み掛け、歴史に残る勝利をあげた。

もっと読む: 【10/13大会】アウンラ・ンサンがTKOで初防衛、ベラと壮絶な打ち合い制す

#2 青木真也が大会最速のフィニッシュ

???? 54 SECONDS ????

???? 54 SECONDS ????That's all Shinya Aoki needed to lock in a bout-ending D'Arce choke on Honorio Banario!????: Check local listings for global broadcast details????: Watch on the ONE Super App ???? http://bit.ly/ONESuperApp????: Shop Official Merchandise ???? http://bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Sunday, 13 October 2019

今大会最速の試合は、コ・メインイベントで行われた青木真也ホノリオ・バナリオとの一戦だった。

サブミッションスペシャリストの青木は、相手を開始30秒でグラウンドに引き込むと、1分かからず勝負をつけた。

青木がキャンバスでハーフガード・ポジションを取ると、バナリオは脇差しで逃れようとしたが、それは青木の罠だった。ダースチョークを用意していた青木がバナリオを締め上げ、わずか54秒でタップを奪うと、両国国技館は大歓声に沸き立ったのだった。

もっと読む:【10/13大会】青木真也が本領、54秒一本勝ちで最強証明

#3 フェルナンデスが王座防衛

ビビアーノ・フェルナンデスケビン・ベリンゴンによる4度目のONEバンタム級世界タイトルマッチは、ライバル対決に終止符を打つためのマッチアップだった。そして勝ったのは、ブラジル出身のフェルナンデスだ。

グラウンドでフェルナンデスに圧倒されたベリンゴンは、ラウンド序盤の力強いローキックを除くと、攻撃を繰り出すことができなかった。

第2ラウンドにはベリンゴンが得意の下からの逃げを試みたものの、これまで何度も対戦してきて相手の手の内を知り尽くしたフェルナンデスはこれを読み、バックを奪う。

その刹那にチョークが入り、ベリンゴンはたまらず白旗を振った。これで両者の対戦成績は、フェルナンデスの3勝1敗となった。

もっと読む:【10/13大会】因縁の4度目王座戦、フェルナンデスが一本勝ち

#4 匠のペトロシアンが世界グランプリ制覇

???? THE GREATEST OF ALL TIME ????

???? THE GREATEST OF ALL TIME ????Giorgio Petrosyan defeats Samy Sana via unanimous decision to claim the ONE Featherweight Kickboxing World Grand Prix Championship and US$1 million! ????????: Check local listings for global broadcast details????: Watch on the ONE Super App ???? http://bit.ly/ONESuperApp????: Shop Official Merchandise ???? http://bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Sunday, 13 October 2019

ジョルジオ・ペトロシアンが、サミー・サナとのONEフェザー級世界グランプリ(WGP)決勝で緊張したり、怖じ気づいたりしてしまったとしてもやむを得なかった。彼にとって過去最高の優勝賞金100万米ドル(約1億円)がかかっていた試合だったからだ。にもかかわらず、ストイックなイタリア出身は普段通りだった。

9分間を通してペトロシアンらしさが全開だった。得意のトレードマークの右フックと左ストレートのコンビネーションを自由自在にヒットさせ、相手のパワフルな攻撃の大半を交わし続けた。

サナも決勝までの道のりでヨドサンクライ・IWE・フェアテックス、ジャバル・アスケロフを下してきたことを踏まえれば、決勝はもっと接戦になると思われたのだが、結局ペトロシアンが判定で完勝、美しいWGPのベルトをコレクションに加えた。

もっと読む: 【10/13大会】ペトロシアンがキックWGP優勝、1億円獲得

#5 修斗とパンクラス対抗戦は2対2の引き分け

???????? SHOOTO: 2 – PANCRASE: 2 ????????

???????? SHOOTO: 2 – PANCRASE: 2 ????????Former ONE Strawweight World Champion Yosuke Saruta evens the score for Shooto by knocking out Daichi Kitakata in Round 2!????: Check local listings for global broadcast details????: Watch on the ONE Super App ???? http://bit.ly/ONESuperApp????: Shop Official Merchandise ???? http://bit.ly/ONECShop

Posted by ONE Championship on Sunday, 13 October 2019

修斗の世界王者 vs. パンクラスの世界王者による対決が「ONE:CENTURY 世紀」第2部で実現し、両団体のトップ選手が世界クラスのスキルを見せつけた。

結果的に対抗戦は2勝2敗に終わったが、最も印象に残る試合を見せたのは、修斗世界王者の佐藤将光猿田洋祐だった。

2試合目を終えて2-0とリードしたパンクラスに対し、佐藤はハファエル・シウバのテイクダウンを封じ、2ラウンドにパンチの連打でTKO勝利を飾った。

続く猿田も、北方大地との一戦を第2ラウンドでフィニッシュした。ザ・サークルでも滅多にみられないような鮮烈なグラウンド・アンド・パウンドによる完全なKO勝利だった。

もっと読む:【10/13大会】修斗VSパンクラス4対4王者対抗戦試合レポート