ソーシャルメディア

ONE選手秘話:アウンラ・ンサンと養蜂業

2020年2月4日

ONEミドル級・ライトヘビー級の2階級世界王者のアウンラ・ンサンは、今ではミャンマーのスポーツヒーローとなっているが、数年前はごく普通の格闘家だった。

2008年、アウンラ・ンサンは米国で総合格闘技で名を名を成そうとしていた。新しい技術を覚え、大会でそれを試し、そして北米シーンで成功しつつあった。

当時、フロリダ州・フェイダを拠点とするはちみつ生産業界でミツバチの世話をする仕事もしていた。

View this post on Instagram

After college in 2008, I ending up working for Eisele Honey and Bee Pollination company. I lived in a small trailer park in Felda, Florida ???????? and worked as a beekeeper ????. I got stung almost everyday but I enjoyed it. I loved working outdoors, making honey ???? and pollinating almonds in California, cranberries in Wisconsin, blue berries in Michigan and orange ???? in Florida. The nomadic life style felt very carefree. However, I felt like my life was passing before me because my passion for MMA was taking a backseat while I worked as a beekeeper. So I had to give up this ???? life to pursue my passion ????. I’m super grateful for this journey and thankful my ex-boss Steve Eisele for hiring me and also for sending me these photos this morning.

A post shared by Aung La Nsang (@aunglansang) on

「ほとんど毎日蜂に刺されていたけれども、楽しかった。外での作業もはちみつを作りも、受粉作業も好きだった。カリフォルニアではアーモンドを、ウィスコンシンではクランベリーを、ミシンガンではブルーベリーを、フロリダではオレンジを受粉した。移動型のライフスタイルはすごく自由に思えた」と当時を振り返るアウンラ・ンサンの投稿。

安定した収入と、フルタイムでありながら移動型のライフスタイル。養蜂スタッフとしての仕事は安定していたが、格闘技への思いは強まるばかりだった。

娘が生まれたことを報告する今年1月のアウンラ・ンサンの投稿

結果として、アウンラ・ンサンは仕事を辞め、総合格闘技のスタートしての道を歩み始めた。

全員が成功できるほど甘い業界ではない。勇気を要する決断だったが、結果として、アウンラ・ンサンにとっては正しい選択となった。

現在34歳のアウンラ・ンサンは、「格闘技の本拠地」ONEチャンピオンシップで輝かしい成功を収めている。